冷やしタヌキを大盛りにしたいのに。

原稿もひとふた山越えた。その分外出がお昼前になって、久々のひとり外食にした。御徒町で乗り換え途中に『小諸そば』が見えた。冷やしたぬき蕎麦大盛りだなと思って店に入った。

ハタと券売機の前で立ち止まった。タッチパネル…不安を覚えた。

千円札挿入まではよかった。冷やしたぬきはどこだ?どこだ?迷いながらなんとか見つけた。次は「大盛りボタン」。ところが「よろしければ確認を押してください」みたいなうざいのが出て、指であちこち探すのだが「大盛りボタン」の場所がわからない。後ろに行列の気配あり。ぼくはこういうのに弱い。払い戻しボタンを押した。

「大丈夫ですか?」と向こうから店員がやってきた。こういうのが尚苦手だ。口ごもりながら店を出た。

ネットを調べると、苦手はぼくだけじゃない。

0c9ac099

「入店したらニガテ意識のある例のタッチパネル式券売機」(出典

「タッチパネル券売機ですが、階層が無く一枚画面なので操作は少ないけど、やっぱどうにも探しにくいのは、古い人間だからでしょうかw」(出典

151226E5B08FE8ABB8E9BAB9E794BAE588B8E5A3B2E6A99F-d9d63

小諸そばは「カウンターで註文」「入口で人に註文」が相場だったはずだが、ボタン券売機ならまだしもこのタッチパネルはダメ。とくにぼくは近目が弱い。そもそも註文時に「冷やしタヌキ大盛り」と言えば済むのだ。今見ると右上にあるが、本番では焦って見えなかった。

仕方なく、すぐそばの「すき家」で牛丼を食べた。これがまたイケてなくて。

「牛丼並!」「牛丼並盛りありがとうございます!」厨房へ「並一丁!」そして「おまちどおさま!」という「吉野家リズム」が牛丼業界から消えて久しいが、この店はリズムばかりか気づきもない。お客を見ずに厨房ばかり向いてトレイを拭いてる。だから註文をとるのが常に遅いし、支払いはお客がわざわざテイクアウトカウンターに立ち並んで払ってる。

ちゃんとしたお店にゆけばいい。それだけのことであるのだが…

IMG_1558
画像はランチに満足できない心の表現です…^^

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中