フォークナーの「あの夕陽」に学ぶこと。

「あの夕陽(That Evening Sun)」は、ウィリアム•フォークナーによる19世紀から20世紀へ、米国社会の変わり目にいたひとびとを描いた短編である。ノーベル賞作家の1931年発表作品には、奴隷解放後(1965年の憲法修正)の現実がある。 … 続きを読む : フォークナーの「あの夕陽」に学ぶこと。

「徳川家康」はものすごい。

学ぶことは無限大。人物造形、情景描写、対話や問答、ウラのウラまである洞察、広範な調査やその整理と構築力、なによりもたったひとつのコンセント「殺すものは殺される、生かすものは生かされる」で、家康の生前から生後まで何千ページを描き切った筆力 … 続きを読む : 「徳川家康」はものすごい。

思いがけなく良文を読んだのでお裾分けしたい。メルボルン交響楽団の指揮者であった岩城宏之氏が、音楽に親しんだ思い出話である。彼の音楽好きは寝床で始まった。 … 続きを読む : 師