『家族医ー心の病がなおっていく道』刊行

心療内科医の小松信明氏(小松医院•院長/山形市)とともに共著で上梓いたしました。『家族医ー心の病がなおっていく道』(人間と歴史社 2018年6月30日刊)の帯のフレーズを紹介します。

患者と家族が“なおっていく”七つの物語(リアルストーリー)
「私にやさしくしてくれる、お母さんに会いたい!」。不登校、引きこもり、パニック、発達障害等の患者たちを悲嘆する母、支配する母、抱擁する夫、寄り添うペット… 心療内科医 小松信明の精神分析とカウンセリングが“無意識の自分”を自覚させ、家族に“許しあい”を授ける。

子供たちが心の病にどうしてなるのか。学校でのいじめは助長するものであって原因ではありません。心の病は「病」なのか。医師だけに任せて治す病ではない。どうやって「なおっていく」のか。投薬治療や5分間診療ではなおりません。患者と家族の「変わろうとする心の格闘」を経て、母親が子に向き合って、なおっていきます。小松医師は精神分析とカウンセリングという手法をつかって、だんだんとその「気づき」をうながし、「向かい合う助け」をして、「なおして」いきます。これまで数多くの患者さんが「なおっていく」秘密を本書にまとめました。

単なる「症例の物語集」ではなく、解説書でもない。心の病の家族の「役に立つリアルストーリー」として書きました。医学的裏付けも、精神分析の歴史的な背景も学べます。「家族医」というタイトルは、家族をなおす医師という意味で私が造語しましたが、本書を一読していただいた、ご家族に不登校の子がいる方から、こう伝えられました。

「家族で治療することの大切さを感じました」

家族もまた医師なのです。家族が元ですから、変えられるのも結局は家族なのです。そこに気づければすでに一歩を踏み出せています。ところがそうできない家族もいっぱいあります。

先週土曜日(6月9日)、新幹線でいたましい殺傷事件がありました。刃物を乗客に振るった容疑者は、伝えられるところでは父母と折り合いが悪く、不登校になり、生活困窮者の支援施設で暮らした。その後、祖母に養子に出されたそうです。これだけの情報で犯罪の原因を断定することはできませんが、彼は父母に愛されていなかったように思えます。それが心の底にあったのではないでしょうか。こういうことが起きないようにしたいというのが、小松医師を始め、患者さんご家族、患者さんご自身の願いです。

来週から日経、読売、朝日の全国紙にも広告が掲載されます。6月20日頃から書店に並ぶ予定です。ぜひ手にとってください。詳細はこちらに。

また、私の知人や関係者には、今週から著者購入分を配布させていただきます。手持ち数は限られていますが、心の病をもつご家族がいらっしゃる方、ご本人様には数が許す限りお配りいたします。Facebookや電子メールでご連絡ください。

広告

『家族医ー心の病がなおっていく道』刊行」への4件のフィードバック

  1. やりましたね!郷さん!この日をずっと待っていました!
    郷さんなら、きっとやってくれると思っていました!
    絶対に買います!読みます!すごく楽しみ!

    1. ありがとうございます。ようやくひとつ、書けました。子育てに悩む母への気づきをうながし、ゆらゆらする人生を歩く人には生き直しのヒントになってほしい。そう思いながら小松先生の診療や家族の格闘を書きました。僕自身も悩み、変わろうとしてきました。母のことを何度も何度も考えました。少しずつ楽になってきました。そのプロセスをしてくださる読者が一人でも増えればと思います。

  2. Congreatlation, what a greart achivement you have done.
    So excite and happy for you and all the best for the upcoming book release.
    Take care:)

    1. Thanks your comment. In two to three days the book will be available at book stores. I hope someone who has mentally disorder will be lightened by reading this book. An old singer said, “Everybody Needs Somebody to Love”. This is true. Thanks.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中