スイッチョねこ

虫が飛ぶ季節になって、うちのピノ子も虫がうれしくて仕方ないようで、名作絵本を借りてみた。

スイッチョねこ』は白いやんちゃな猫が主人公。秋が近づいて、虫がいい声で鳴くので、きっと食べたら旨いにちがいないと思った。ところがいつまでたっても虫が来ない。虫に近づくと逃げる。じっとしているとつかまえられない。おネムになった。夜中に起きて、あーってアクビをすると、虫が口に向かってきた。のみこんだ虫がお腹でスイッチョ、スィッチョと鳴くのでスイッチョねこと呼ばれるようになった。

へんなものならいざ知らず、美しい声の主ならのんでみたい。お腹の中で歌ってほしい。cotoba屋としては言葉をのみこんでみた。たとえば次の一節。

「なおりましょうか、先生。」
と、おかあさんねこがもうしました。
「まて、まて、ちょうしんきできいてみよう。
そこでおね。むねをお出し。」

もうしました」というていねいな言葉づかいがほほえましい。そして「おね」と「むね」という微妙な韻の踏みもくすっときた。ひらがなの字面を考えた韻ですね。次の叙述もいい。

ほんとうに、まもなく冬がくることでしょう。
この夏生まれたばかりの子ねこたちは、まだ、冬に
あったことがなく、しもや雪も知らないのでした。

冬にあったことがない」の表現もいい。さすが文豪大佛次郎である。もちろん朝倉摂の絵もいい。

飲み込んだ虫とはなんだったのだろうか。大人流に言ってしまうと、それは好奇心なのだろう。一日一日、一季節一季節、子供は大きくなってゆく。いろんな虫をのみこんで暮らしや体や人間関係を学んでゆく。知っているよ、と言ってだんだん飲み込まなくなっていく。

うまく文が書けるようになったなと自己満足をせず、できるだけ技は捨てて幼稚になりたい。自然に書けるように、スイッチョと鳴くものを目でのもうと思って図書館から借りた本、にゃわっときました。

うちのピノ子はスースー猫。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中