スターウォーズ、開始。

人のことばが腑に落ちる瞬間がある。昨夜、腑に落ちたことばはこれだ。

人間のために、国家社会のために、階級のために……。そんなことはみんなうそっぱちだ。自分自身のために……それに徹することこそ、ほんとうの生き方だ。そこから生まれた人類•社会•階級でない限り、根なし草でしかあり得ない。必ずいつか挫折するしかないであろう。(あえて出典は秘す)

ああ!これは真実であるとわかった。

コキャクとかヒトのためではない。シャカイのためというのも嘘がある。カネのためでもない。メイヨやジコマンゾクのためではありえない。つまりジブンのためではない。ジブンより大切な愛するヒトのためでさえない。

これらすべては浮き世のなかで、浮かんでは沈むものだ。浮いたり、沈んだりするもののために生きても仕方ないだろう?

では何のために生きるのか?

星のように、ほぼ永遠にまたたくもののためにだ。

明け方の空に見えたのは金星だろうか。光っていましたよ。猫にごはんをやりながら見ました。そうか、星に向かって文を書いてから、星になればいいのだ、だれにもわからずにまたたけばいいのだ、ここを低くなってしのいで、ぎりぎりまでやればいいのだ、とわかった。

酔ったように人生を生きて、品のある死を迎えたい。神話になれ。

さて、スターウォーズ(星の戦い)を始めましょうか。

カテゴリー:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中