ビジネスメディア誠 執筆実績

ビジネスパーソン必見のウエブサイト『ビジネスメディア誠』での連載をお伝えします。

ビジネスメディア誠

月間1000万PVのビジネスメディア誠にて、2007年から毎週連載をしておりますマーケティング・エッセイ、“うふふマーケティング”の中から、執筆実績として幾つかの記事をご紹介します。このエッセイはときにyahoo、Mixiニュースやmsnにも転載され、好評頂いております。

ビジネスメディア誠 執筆実績一覧

【主な執筆実績】

日本人製作のIKEAのベストセラーチェア『ポエング』、“清貧”デザインの秘密
IKEAで30年以上世界的なベストセラーとして君臨してきた『POANG/ポエング』。そのデザインをした中村昇氏のセミナーに出席した筆者は、日本製品に何が足りないか気付いたという。

電力料金値上げの前に……「ありがとう」を伝えてほしい
火力発電を増やすことを理由に、電気料金の値上げ申請を検討しているという東京電力。しかし、その前に東京電力にはやるべきことがあるのではないか、と筆者は主張。同じく国策会社のJALの経営姿勢と比較する。

スティーブ・ジョブスからの手紙への“返信”を考えてみた
8月24日に電撃的に発表された、Appleのスティーブ・ジョブスCEOの辞任。それに伝えた「スティーブ・ジョブスからの手紙」に、Apple製品のヘビーユーザーでもある筆者が返信してみた。

ちょっと変えれば、もっと楽しい――IKEAが提案する“3畳”のカタチ
IKEAが京都東寺で開催した「3畳エキシビション」。子ども部屋や女性シェフの仕事部屋など、12のコンセプトルームを展示したもので、わずか3畳のスペースの可能性を示してくれた。

ライカからフロッピー、ゲームボーイまで……彼らが懐かしの製品を紙で再現するワケ
ライカや初代ウォークマン、ゲームボーイやフロッピーディスクなど、懐かしの製品をペーパーアートで再現するフランス人のデザイナーデュオ「Zim&Zou」のご紹介。

箸袋のフリーペーパー!? 東北沢で“プラスワン”を作るチームとは
箸袋でフリーペーパーを作るという奇想天外な発想を具現化したデザインチーム「東北沢荘」。彼らの発想のポイントは“プラスワン”にある。

すべての仕事はギフトである――“相手思考”を持つ方法
どんな仕事であっても、自分中心ではなく、相手中心で考えることが成功につながる。そんな“相手思考”を持つためには、どのようなことを心掛ければいいのだろうか。


“私のリクエスト”で稼ぐ、新たなラジオビジネス
私のお願いを聞いて!」というビジネスモデルは強い。インターネットラジオビジネスの本質を考えました。

若者よ、ストップモーションから抜け出そう!――夢を応援基金CM
たった2度だけ放映されたCM〜“止まってしまった若者たち”へのメッセージ。

「コンドーです、ロコンドーです」――Web靴販売の起業で常識を破れ
近藤正臣氏の面白CMの後ろにあること。

省エネ高級扇風機が生んだ、消費者の“必要”という風
今夏のテーマ=省エネをもっと前から予想していたベンチャー企業

脱原発は「やらなきゃいかん」こと――孫正義、かく語りき
孫正義氏の語りをまとめました。脱原発を確信しました。

「人間は強いですから」――復興にかけるトラックとコンビニの物語
レントラ便とローソンの感動の物語。

なじょして福島のビジネス、再興すっか
放射能汚染、その風評被害に立たされる福島、ひとりの日本人として、
心ない日本人をなんとかしたいと思いながら書いた。

忘れられない“わたしの小さな地下街”たち
須田町ストア”に代表される、メトロやJRの小さな地下街を訪ねた。

ズームイン&アウトが自在、Preziで聴衆が“落ちない”プレゼンを
独創のプレゼンテーションソフトPrezi(プレジー)のCEOインタビュー

ワコールに聞く、キレイなおっぱいのために必要なこと
おっぱいにある3つの山の秘密。

ケンメリ、全日本自動車ショウ、花形モーターズ……かつてクルマの歴史は現代史だった
自動車の歴史で自分の文化史を語ろう!

バナナから激安PB飲料水まで――自販機不況脱出のカギを考える
ファンタジーな自販機が欲しい!

店名も商品名も消えた――スターバックスがロゴを変える意図
筆者得意の事業の行方分析

日本の借金1000兆円はどう返済すればいいのか?――ジャック・アタリ氏の処方箋
アタリ氏の来日と新著のメッセージを紐解く

iPadに勝てる機種はあるか? タブレット端末の未来を考えてみた
さらにiPadを追求!

iPadは終わったのか? いやこれからが本番だ
iPadとタブレットの比較、これからのタブレットの姿など。

プレミアムロールケーキはどのように作っているのか
ローソンの担当者に、開発の裏話などを聞いた甘い一編

“好き”を作る2つの法則とは?——好悪の感情を科学する
うどん論争を巻き起こしてしまった一編。

SOHOの夢を安く、強く実現——IKEAのオフィス創り支援活動

お客を引き付ける“店長力”の秘密
クーポンランドさんご協力で、2人の素晴しい店長さんを取材。

ローソンが農園の経営に——“誠実短小”の生鮮物流への挑戦
ローソンストア100で販売を始めた小松菜に根ざす、新事業挑戦

経営コンサルタント滅亡——その先はあるのか?
同業者やクライアントに大反響だったホンネの亡び物語。

草履に編み込まれた“メリヤスパーツの物語”
下町のリブメーカーの小さくて大きな挑戦

そこは生活を設計する場 IKEA人気の秘密
“やっぱり家の日”を制定までする現地化、なぜわたしはIKEAが好きなのか?

草の根“最強”フットサルチームに学ぶ、みんなの勝利
フットサルチーム、フウガ東京のイベントに参加してフットサルの魅力を感じました。

お客さまを笑わせよう! 口も心も開くランチコンサルの秘密
起業家が投資家に食事をしながらプレゼンする“パワーランチ”のように、ランチはしばしばビジネスの舞台となる。(2010年7月)

神保町「古書大入札会」で電子書籍の未来を考えた
電子書籍の登場で、古書の位置付けも変わりつつある。東京・神田神保町の「七夕古書大入札会」を見学して、デジタル化による古書流通革新の可能性を考えた。(2010年7月)

グッド・マーケター志望者に贈る“引き算思考”
グッド・マーケターに必須な資質ーそれは着地点を考え、どうしたらそこにやてくるか?考え抜くこと。ヒントをぎゅっと書きました。(2010年7月)

旬の高知へ、龍馬の高知へ——言葉と食の旅をしませんか
「食事はただ空腹を満たすためにするのではない」と主張する筆者。坂本龍馬の故郷、高知県の食材をふんだんに使った料理を口にして、維新の土佐に思いをはせた。(2010年6月)

「当社はお客さまに会いません……」と言う会社の社長に会ってみた
Webサイトの売上アップ支援を行うEC studio。同社ではインターネットの特徴を生かした、「顧客と会わない」経営を強みにしているという。

iPad販売に見る、新世代の予約行列マーケティング
iPadが消費者の購買気分を盛り上げた背景には何があるのだろうか。

NOVAが跳ね、ジオスが空転——日本人に英語は必要ないのか?
英会話教室の衰退の原因を突き詰めました。

1日200人が見学、日本食研製造の“宮殿”工場に行ってきた
びっくりしたでっかさの“バンコちゃん”工場探訪記。

吉野家はなぜ苦しんでいるのか? 5つの仮説を考えた
吉野屋の苦境、5つ目の仮説は“吉野屋リズム”

まさに中毒、うふふ的柿の種ランキング
柿の種の中毒を告白しました。

なぜ日本人は“美人すぎる●●”が好きなのか?
「美人すぎるXXX」をテーマに楽しく書きました。

空気入れでライトを照らそう——エコなバイクの発想「PUYL」とは
Pump Up Your Light – by 空気入れ、充電LEDランプという発想。


つけて、しぼって、すくう——“わたしの料理”を作れる調味料パケットの魅力

パケットケチャップの革新的発明について。

海のチカラで体も心も癒やされる——タラソテラピーを体験してみた
タラソテラピーの至福の体験エッセイ。よかったなあ。

ヘッドフォンも“たのしいほう”へいきませんか。
Fostexのたのしいヘッドフォン“kotori”の開発インタビュー。

“コシヒカリ”から“みどり豊”へ、農業をやりたくなるお米
東近江市大沢町での新品種の米づくりに取り組む育種家に話を聴きました。

「いつまでそこにいるの?」——人はいつ、どこで“フミダス”のか?
ユーキャンの“フミダスムービー”にちょっとホロリとなった。


「紙とペンの間にはエロスがある」——文具マニアが日本製品の美を語った

フェチな座談会に出席して感じたことー日本には輸出できる技術あり!

子どもだましじゃありません。好奇心をくすぐるカメラ『Bigshot』
カメラと教育の真ん中にあることは何だろうか?

クレヨンからチョンマゲ羊羹までーそうなのか!があるデザイナー南政宏
新進気鋭のデザイナーさんの作品と世界観を

もはや100円でも売れない……自販機不況に活路はあるか?
自動販売機は今や100円でも売れなくなったワケを書きました。

ハンズフリーな生き方はいかが? ヘッドセットの新商品をめぐって
ヘッドセット Jabra STONE をめぐり“手ぶらの生きかた”について書きました。

良いデザインとは何か?深澤直人のデザイン論
『見えていない輪郭展』のトークから見えてきたことを書きました。

カーナビを“チャリナビ”として使ってみた
自転車にまたがりカーナビを襷掛けに、あれこれ試した記録です。

普段着は着物 “和”の人気サイトを運営する男の思いとは。
ワノコトを運営する増田さんにお話を伺いました。

厳しい時代の今、“クリエイター・シンキング”に学ぼう。
自分としては深い想いを込めて書きました。

うっかりをなくしたい!——ある慌て者の告白
あるうっかりさん(わたし)のことを描きました。

“ブランド”ではなく“雰囲気”——無印良品の強みとは
無印良品はブランドなのか?それとも…

金融危機を乗り越えるカギは友愛主義だ アタリ史観とは?
フランスの知の巨人 ジャック・アタリ氏の金融危機後の答え。

わたしたちがトイレに行く理由
他愛もないことですがおもしろいネタをベースに。

放送作家が「テレビでアピールする方法」を書いたワケ
放送作家でPR戦略コンサルタントの野呂エイシロウさんの著書を中心に。

遠藤一平監督が語る、自主映画『DT』の“裏物語”
映画DTの遠藤監督の熱いトークを綴りました。

なぜ東京オリンピック招致は盛り上がらないのか?
五輪開催地発表の1ヶ月前に見事!リオの開催を予言しました。

町のおかしやさんは幸せと中毒の素
おかしのまちおかについて独自取材、独自視点でまとめました。

机や壁がノートになる!?——“顧客視点”を教えてくれた落書きノートブック
落書きノート文具から、お客さま視点をひっぱりだしました。

120秒が5秒になった——LEDがなし遂げた“ネイルの大発明”とは
革新的なLEDジェルネイルのシステムのご紹介を取材とともにまとめました。

キャラ弁は世界の“OBENTO”へ——達人、小川真樹さんに聞いた
キャラ弁の達人にインタビューして、温かくなるお話しを。

ビジネスメディア誠 うふふマーケティング 連載一覧はこちら

ビジネスメディア誠 執筆実績」への64件のフィードバック

  1. ピンバック: HOZOTとルミンA | cotoba
  2. ピンバック: もぐれる家具 « cotoba
  3. ピンバック: 変わり腕時計 « cotoba

コメントは受け付けていません。