司書になりたい!(ぼくらしく、ね)

図書館は好きだった。小学校でも中学校でも高校でも、区立図書館でもよく本を借りた。一度に3冊も4冊も借りて読まずに返したこともあった。遂に返さなかった本もあった(北杜夫の本)。読むだけじゃない。始めてパティ・スミスを聴いたのも区立図書館から借りたレコードだった。だが図書館の司書とじっくり話したことはなかった。 … 続きを読む : 司書になりたい!(ぼくらしく、ね)

“なぞるYUBISASHI”の将来性

セーラーのペン自体は読み上げ機能とデータ蓄積(SDカード利用)を持ち、そのペン先のタッチによって、その箇所の文を録音音声で出力する仕組み。たとえば、フロリダのB&Bの宿で「朝食にはsunny side upが欲しい」とか、韓国の明洞で「もうちょっと勉強できへん?」と値切るときに重宝するソフトというか冊子というか。 … 続きを読む : “なぞるYUBISASHI”の将来性