まくらくさかみ

紙による幻覚といえば古典の裏話を思い出した。春はあけぼの…で始まる四季の自然をいとをかしと詠んだ清少納言の『枕草子』である。この題名、一説に「枕草紙」とも書いた。
続きを読む : まくらくさかみ