渡辺京二の『北一輝』を読んだふりして。

僕はこの本の読者にふさわしい人ではない。だが、こういう読み方もあるということを書いてみた。 … 続きを読む : 渡辺京二の『北一輝』を読んだふりして。

『気になる人』はさらりと読めるがあとで気になる。

さすが歴史と人間の達人、対談集の形をとりながら「いかに生きるか」を描く見事さよ。 … 続きを読む : 『気になる人』はさらりと読めるがあとで気になる。