『名文を書かない文章講座』から触発されて(3)

たかだか700字だがこれが侮れなかった。『名文を書かない文章講座』にある文章トレーニングを実践すると、名文の緻密さがわかったばかりか手が言葉をとりもどした。 … 続きを読む : 『名文を書かない文章講座』から触発されて(3)

『名文を書かない文章講座』から触発されて(2)

偉大な諸先輩を差し置いて『名文を書かない文章講座』が光を放つのは、「鑑賞」により過ぎず「実践」が重点なところだ。著者村田喜代子さんが実際に講座で教えているからだろう。 … 続きを読む : 『名文を書かない文章講座』から触発されて(2)

『名文を書かない文章講座』から触発されて(1)

名文を書くと酔っぱらう。
独りでニヤニヤと酔いしれるならまだしも、「まあそう言わずもう一献」と読者に絡むような迷惑文もある。過剰な修飾語、難解な表現、華麗なる語彙と比喩に満ちた文である… … 続きを読む : 『名文を書かない文章講座』から触発されて(1)