本はやっぱり本じゃなきゃ。

最近本のニュースといえば電子書籍や電子フォーマットの話ばかり。それはお手軽で便利ではある。でもインクの“匂い”も“重さ”もない本よりも、ぼくは新刊の匂いや古書の匂いのする、ずしんとする本が好きだ。 … 続きを読む : 本はやっぱり本じゃなきゃ。

電子書籍とは漫画のこと、だとか。

PCで読む、あるいは携帯やiPadで読むにしろ、電子も印刷も漫画は「場面から場面へ、シーンを追って読む」ものでしょう。印刷ブツなら上から下、右から左へと読む。電子なら上から下、iPadなら右へ右へシーンを追う。画面のパート把握をスライドさせている。それが漫画読みだ。 … 続きを読む : 電子書籍とは漫画のこと、だとか。

カーリルの図書サーチはコペ転だ。

どの図書館にどの本がある、という検索ではない。浅田次郎の著作が一覧され、そのうちどの図書館に「あるかないか・貸し出し中か・貸し出し可か」がわかるのだ。それも複数の図書館横断検索だ。これは凄い。いずれの図書館に無くても、表紙をタップするとAmazonへ飛んでゆく。つまり借りれなくても買える。 … 続きを読む : カーリルの図書サーチはコペ転だ。