躁鬱病のどくとるマンボウが心の底で思っていたこと。

いったいどれほどの人が「どくとるマンボウ」で心の病にならずにすんだだろうか。きっと何百万人もいる。それほどユーモアの力は偉大なのだ。 … 続きを読む : 躁鬱病のどくとるマンボウが心の底で思っていたこと。

どくとるマンボウに狂わされた青春期

今朝の訃報を聞いて、たくさんの昭和人が本棚から古い本をひっぱり出した。ぼくもそうした。探せば彼の著書は7〜8冊はあるはずだけど、最初に見つけた文庫本をつかんで仕事場に向かった。『どくとるマンボウ青春記』、北杜夫著、躁鬱まんぼう先生に合掌。 … 続きを読む : どくとるマンボウに狂わされた青春期