今夜はジョブズがStupid!と吠えていればいいのだが…

“3”は、画像は良いにせよ、カメラは性能アップしたにせよ、コンピューティングのスタイルを変えてきたイノベーションではなかった。MacBook ProやMacBook Airと並ぶ「ひとつのシリーズ」におさまったのだ。だから3ではなかった。

iPad3登場前夜、ぼくもちょっと予想してみた。

今朝最初にポストしたぼくのツィートはこうだった。  iPadでFBが何十回も倒れる。ぼくの方がよほど丈夫だ(^^)  おはようございます。 ほんとによく落ちる。ブラウザの動きもまったり。第1世代だから…とおっさるでしょうが、まだ購入後2年未満。ですがもうすぐiPad3だとか。

iPad2を買ったMakikoさんに。

今日から久々に或るプロジェクトで相棒を組むMakikoさんは、どうやらiPad2を買うらしい。いやもう買ったかな?聞きそびれた。そんなMakikoさんに幾つかiPadグッズをご紹介。

カバーと中身

ぼくの新調したiPhone4、その純白の美しさを損なわないように、ぼくはクリアなケースを買った。よくある普通のジャケット。夏休みで数日会わなかったcherryさんにそれを見せるとー 「白なんて郷さんらしくない」 「え?」 「白ってイメージないのよね、郷さん。赤とか橙とか激しい色の方が似合う」

AppStore帝国

AppStoreの成功は「つくる、売る、買う、楽しむ、レビューする、改善される、新たな発想を生む」というサイクルがハマったからだ。アプリとiPhoneやiPadというハードがそのサイクルでしっかり回っているからだ。

iPad2とレグザタブレット

だがいよいよタブレット本番、それはリスペクト買い=アーリーアダプターではない。吟味買い=マジョリティの段階に入る。機能の比較、パフォーマンスの検証、あれこれできる欲張り機能、価格は根切り。リスペクト買いとは本質的に違う。むしろ東芝はそこをちゃんと読み切って、正しいアプローチで家電融合型タブレットを出して来たと言えるのだ。

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。