野沢温泉にて。

野沢温泉に来ている。一応仕事なのだが大したことは何もしていない。ちょっと作業をしてのんびりして、歩き回って外湯に入って、ビールを飲んでひと寝入りしちまった。

チラシとDM配布について。

ぼくはいつの間にかチラシ作りの名人である。ギャラリーのもイベントのも不動産のも、何でも作る。もちろん素人中の自称名人であるから、大したことはない。ただ今の時代「バっと作ってガッと営業に入る」拙速のスピード感がたいせつだ。

ヘルシンキのピンポン

ピンポン外交なんてみんな知らないだろうな。仲違いも解け、汗もかき、愛さえも生まれる。ラケットをもつと、つい完全燃焼してしまうのがピンポン。デザイナーJanne Melajokiさん(フィンランド)の卒業制作はピンポンである。

企業を褒める

ここ二 三日、2つの作業で企業の良いところを探している。 ひとつ目はぼくが講師を務めるベトナム人留学生の就活支援講座。企業の良いところを探して「志望動機を書こう」。だが傍目から企業の良いところはわかりにくい。まして学生に企業の内側なんてわかるものではない…

ヒルズでもノマドでもなくサクラコの話

日経の記事『ヒルズ族よりノマド族(若者、地方へ)』はいいところを突いている。「遠隔地でもネットがあれば」「事業&生活コストが安い」「エンジョイできる」というのもあるけど、ぼくが「いいな」と感じたところは少し違う。

野沢温泉DAY3:日本の名湯バスクリン

村内14の外湯を巡ればわかる(ぼくは13カ所まで行った)のだが、濁りかたや湯の花、熱さ…湯がちがうのだ。それが楽しい。その楽しさをご自宅でーバスクリンの“日本の名湯”シリーズに『こころのびのび野沢温泉』が加わった。

野沢温泉DAY2:人生のホワイトアウト

「日影のあそこでホワイトアウトしちまってさ。ヤバかったよ」 「あの右に折れるところ?」 「そうそう…それでもなんとか建て直してさ」 「わかるなそれ。オレもブロになってから、どんな姿勢からでも建て直せるようになった。そこが違いだな」

野沢温泉DAY1

久々に訪れた長野県野沢温泉村、カフェ&ギャラリーhütte(ひゅって)での手づくりワークショップ、アート展示、カフェ&ギャラリーのこれからについて、初日のモヨウをさらりと。

毛糸をぐるぐるして亡くなった方々に合掌、生きることにガッツポーズ。

さて、我がギャラリーアートマルシェ神田で開催中の東日本大震災の被災地支援イベント『Guruttoブレスレット・ワークショップ』のために、今朝、千葉県松戸市のSさまからこんなにたくさん!毛糸が届きました。ちなみにぼくの手にあるのが“ぐるっとブレスレット”です。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。