今夜はジョブズがStupid!と吠えていればいいのだが…

“3”は、画像は良いにせよ、カメラは性能アップしたにせよ、コンピューティングのスタイルを変えてきたイノベーションではなかった。MacBook ProやMacBook Airと並ぶ「ひとつのシリーズ」におさまったのだ。だから3ではなかった。 … 今夜はジョブズがStupid!と吠えていればいいのだが… をもっと読む

iPad3登場前夜、ぼくもちょっと予想してみた。

今朝最初にポストしたぼくのツィートはこうだった。

 iPadでFBが何十回も倒れる。ぼくの方がよほど丈夫だ(^^)
 おはようございます。

ほんとによく落ちる。ブラウザの動きもまったり。第1世代だから…とおっさるでしょうが、まだ購入後2年未満。ですがもうすぐiPad3だとか。 … iPad3登場前夜、ぼくもちょっと予想してみた。 をもっと読む

カバーと中身

ぼくの新調したiPhone4、その純白の美しさを損なわないように、ぼくはクリアなケースを買った。よくある普通のジャケット。夏休みで数日会わなかったcherryさんにそれを見せるとー

「白なんて郷さんらしくない」
「え?」
「白ってイメージないのよね、郷さん。赤とか橙とか激しい色の方が似合う」 … カバーと中身 をもっと読む

iPad2とレグザタブレット

だがいよいよタブレット本番、それはリスペクト買い=アーリーアダプターではない。吟味買い=マジョリティの段階に入る。機能の比較、パフォーマンスの検証、あれこれできる欲張り機能、価格は根切り。リスペクト買いとは本質的に違う。むしろ東芝はそこをちゃんと読み切って、正しいアプローチで家電融合型タブレットを出して来たと言えるのだ。 … iPad2とレグザタブレット をもっと読む

iPad、iPhoneを自分のスタイルで使おう

ぼくは昨日自転車を改造して思った。自分の持ち物を愛するのは気持ちがいい。スワロフスキーもいい、シールもいい、バッグもいいし、スタンドもいい。自分のスタイルに手づくりでこだわるのは気持ちがいい。気持ちよく生きたいなら、流言飛語に流されず、自分のスタイルを貫けよ。 … iPad、iPhoneを自分のスタイルで使おう をもっと読む

3時まで起きてませんて(iPad2のために)

iPadは仕事もソーシャルな付き合いも、遊びも読書も、打ち合わせもひとりで発想も、何でもこなす“無限マシン”。キーボードを取っ払い、ベッドでも台所でもトイレでも使えるコンピュータ。しかも世界中の叡智を注ぎ込むアプリの開発・販売チャネルまで構築した。 … 3時まで起きてませんて(iPad2のために) をもっと読む

Noteshelfで思う「指で思考する方法」

評価の良さに惹かれて衝動買い(600円)。指で手書きのように書けるアプリだ。キーボードにしろペンにしろ、iPadは入力がお粗末なので「ビューワー(見るモノ)」と諦めていたが、このアプリでようやく入力・思考ツールに踏み出した。 … Noteshelfで思う「指で思考する方法」 をもっと読む