ウィンター・サイクリングも楽し。

これらの自転車パーツ商品、アイデア、素材、新機能、デザインと可能性がたくさんある。冬でも熱くなる。すべて外国製だ。比べて日本の自転車用品開発はブナンで、機能強化に走り過ぎている。量産できないという理由で冒険がない。つまらない業界になってしまったものだ。 … 続きを読む : ウィンター・サイクリングも楽し。

広告

無謀だが的を獲た三輪車たち

だが自動車各社が「パーソナルビークル」と呼ぶ次世代自動車分野では、どうやら三輪車が幅を利かせるようなのだ。ひとり乗りで、小さくて軽くて長距離を走らない仕様が、電気自動車にぴったりだからだ。 … 続きを読む : 無謀だが的を獲た三輪車たち

働く自転車を町づくりに!

働く自転車を商店街活性化や町づくり、自転車道路整備の“だし”に使う。自転車道路単独整備では予算がつけづらくても、商業活性化として、働く自転車ための道路整備なら予算づけしやすい。ゆっくり走る働く自転車は、お年寄りの自転車ともなじむ。買い物しやすい町づくり。さてどうでしょう。 … 続きを読む : 働く自転車を町づくりに!

エアバッグと段ボールのヘルメット

ふたつのヘルメットで気づくことがいくつかある。既存のルールや素材にとらわれず、発想が自由である。どちらも学生のアイデアである。着想だけに終わらせず、カタチにするチャレンジがある。チャレンジにツキもののファンドを獲得している。 … 続きを読む : エアバッグと段ボールのヘルメット

ローラーブレードのような自転車/DREAMSLIDE

DREAMSLIDEは立ち漕ぎという新しい乗り方と、ローラーブレード・ライクなペダリングの楽しみがある。他の自転車と“ドライブ・スタイル”がまるでちがうのだ。新ジャンルを創ったと言っていいと思う。 … 続きを読む : ローラーブレードのような自転車/DREAMSLIDE

自転車ブームは新たな段階に入った。

商品はマニア仕様から脱皮し、個性や機能を競う段階に。
都市部では放置対策から、利用・活用という段階へ。
地方では自転車道路整備と観光利用へ。
そして日本人選手の活躍で、自転車競技への関心も高まる。 … 続きを読む : 自転車ブームは新たな段階に入った。

自転車モノレールシティと方向指示LEDバッグ

要するに“空行く自転車”である。カプセル型の自走車をモノレールによって輸送しようというもの。これはおもしろいと思う。なぜってエコだし、ゼロエミッションだし、健康にいい。それに渋滞もなさそうだ。え?前がゆっくりのおばあちゃんだったらどうするかって?そりゃ「押して」あげりゃいいじゃないですか。 … 続きを読む : 自転車モノレールシティと方向指示LEDバッグ

世界で最も美しい自転車を創る日本は、自転車が走れない国でもある。

世界で最も美しい自転車を創る日本は、自転車が走れない国でもある。夢のバイクから現実に帰って、まず法規遵守とマナー向上から。スロー・バイシクル。 … 続きを読む : 世界で最も美しい自転車を創る日本は、自転車が走れない国でもある。

red dot award受賞の優れた自転車デザイン

自転車は悪者だの(たしかにマナー悪い乗り手多い)、道路が無いだの(実際そうだ)といった話ばかりで、ほんとうの意味での自転車インフラが未成熟。日本の自転車ブームは“red dot(赤い点滅)”にならないだろうか。 … 続きを読む : red dot award受賞の優れた自転車デザイン

自転車産業も自転車ユーザーも、縮こまっちょる!

日本各地で「自転車デモ行進」をしよう! デモの目標は3つ。
「“電気自動車・自転車推進大臣”の設置」
「道路総延長20%の自転車走行レーンの実現(2020年まで)」
「自転車部品・用品・インフラ企業の特区設置」 … 続きを読む : 自転車産業も自転車ユーザーも、縮こまっちょる!