『江戸という幻影』の影ぼうしを踏んで。

渡辺京二氏の『逝きし世の面影』を読了した余韻で、本書『江戸という幻影』を手にした。 … 続きを読む : 『江戸という幻影』の影ぼうしを踏んで。

広告