about cotoba

【Author】

ことばのデザイナー 郷 好文

【執筆の仕事】

医療•医学ドキュメント「医療•医学+社会ニーズ+人間」

人間と医療•医学をめぐるリアルな“熱いノンフィクション”を書きます。

【連載中の仕事:ドクターの肖像】
2013年より「ドクターズ•マガジン」誌で連載執筆する“ノンフィクション•
ドクター•ドキュメント“。単なるインタビューやPRの書き物ではなく、
対象の医師のことはもちろん、時代背景まで緻密に調べあげて、
医師の生きざまを文で彫ります。
ヒューマン=人間、ドキュメント=生きざま、ドラマ=読ませる。
医師の肖像の連載はこちらで刊行されています。

代表者 郷 好文 / Yoshifumi Go
開 業 2008年10月1日 /established October 1 , 2008
電子メール go(@)cotoba.jp

自己紹介
ことば(郷好文 ごう よしふみ Yoshifumi Go)

東京都出身 獅子座 O型 身長177cm  BOZU

ボウズ近影

1960年東京都生まれ。ヘルスケア分野などのビジネスに携わった後、
2006年からwebサイトや月刊誌、医療人材誌等に執筆を始め、
2012年より『ドクターズ•マガジン』(メディカル•プリンシプル社)誌で
『ドクターの肖像』を連載中。これまで80名以上の著名な臨床医、
医学研究者の生きざまを「彫るように」書き、医療関係者のみならず、
患者や医師志望の学生にも好評。人間と医療•医学をめぐる
リアルな“熱いノンフィクション”を書くことに生涯を捧げている。
サビ猫と愉快に暮らす。
2018年7月、小松信明氏との共著『家族医 心の病がなおっていく道』(人間と歴史社)刊行

2011年よりMP研ASEAN留学生の就活支援&リーダー養成講座の講義を務める。

【過去の仕事】

マーケティング・リサーチ、新規事業の開発、海外駐在を経て、
1999年〜2008年までコンサルティングファームにてマネジメント・
コンサルタントとして、事業戦略・マーケティング戦略など
多数のプロジェクトに参画していた。
経済産業省中小企業診断士2002年登録。

過去の連載
『ビジネスメディア誠』“うふふマーケティング”、
印刷業界誌『プリバリ[イン]』で“マーケティング価値校” 他

クリエイター支援・創作品販売の「utte(うって)」事業
ギャラリー&スペース「アートマルシェ神田」の運営に携わっていた。

ことばの木

【現在進行形の仕事】

ドクターの肖像
MP研主宰 ベトナム人留学生就職活動支援講座講師
某建設業企業のHP用文章作成
作家修行 2020年中にまずnoteで発刊
 『飛ぶ図書館 お試し
 『飛ぶ図書館 全文
Emily Dickinson研究 noteで間断しつつ執筆

 (2020年10月13日更新)

about cotoba」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。