about cotoba

これから10年間にしたい仕事は、人びとのためにするべきだと信じることを書くこと

1、医療ドキュメント

執筆の方程式は「医療(人)+社会ニーズ+患者」

医師を主体にするドキュメント、患者を中心にするドキュメントを書く。
医師は現代の人であれば、どう患者を治してきたか、治せるようになるかを描く。
逸話のある過去の医師を掘り起こし、知られ尽くしていないことを知らしめたい。
患者の語りを描く。苦悩、覚悟、諦め、絶望、悟り…患者の生の姿、言葉を描くことで医療を正したい。

医療はひとつの生き方である」(アーサー•クラインマン)

郷にこんなことを書かせてみようという方はご連絡ください。

2、創作

愛と苦悩に関する物語を2つ書きたい。

3、ドクターの肖像

ヒューマン=人間、ドキュメント=生きざま、ドラマ=読ませる。
単なるインタビューやPRの書き物ではなく、人の生きざまを文で彫ります。
対象者のことはもちろん時代背景まで緻密に調べあげます。
それを盛り上がりのある「読ませる文」で描く、6年目に入った連載「ドクターの肖像」では国内屈指の医師の生きざまを描き切る物語を描いています。

目標は「100人の名医を書く」

順調に行けばあと3-4年です。医師の肖像の連載はこちらで刊行されています。

 

IMG_1520

代表者 郷 好文 / Yoshifumi Go
開 業 2008年10月1日 /established October 1 , 2008
電子メール go(@)cotoba.jp

自己紹介
郷好文(ごう よしふみ)Yoshifumi Go

東京都出身 獅子座 O型 身長177cm  坊主頭

2008年よりライターとして連載や書籍執筆をする。ビジネスエッセイの連載を経て、
2012年よりドクターズマガジン(メディカルプリンシプル)“ドクターの肖像”連載中。
これまで60名の医師の物語を執筆、好評を頂いております。

【過去とその他の仕事について】
マーケティング・リサーチ、新規事業の開発、海外駐在を経て、1999年〜2008年までコンサルティングファームにてマネジメント・コンサルタントとして、事業戦略・マーケティング戦略など多数のプロジェクトに参画。経済産業省中小企業診断士 2002年登録。
『ビジネスメディア誠』“うふふマーケティング”、印刷業界誌『プリバリ[イン]』で“マーケティング価値校”を連載。
オンラインショップ運営(かみのみか
2011年よりMP研ASEAN留学生の就活支援&リーダー養成講座の講義を務める。拡大継続中。
クリエイター支援・創作品販売の「utte(うって)」事業、ギャラリー&スペース「アートマルシェ神田」の運営に携わる。

ことばの木。

 (2018年1月28日記)

広告

about cotoba」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。