待ってろよ。

昨夜、主人公が降りて来て「早く」と言った。わたしは「わかった」と答えて砂利の駐車場を横切って道に出て、そこから駅まで数kmの道を走り出したところで夢は終わった。起きてトイレに立ってラストシーンで使用する道具を閃いた。それはメッセージになるー

年末からトランスジェンダーの物語を書き出している。どうやら主人公が動き出すようになった。骨格ができつつあるのだろう。展開もテーマに沿って削ったり足したりができるようになった。ひょっとしたら書けるかもしれないという手応えを得て、「どうぞわたしに書かせてください」と空に向かって祈ったら、主人公が来るようになった。

早くあたしを書け、とせっつかれる。わかったと答える。

だれもが心に凸凹を抱えて生きている。人には言えないことや、自分でも認めたくないもの、あるいは無意識のうちにあるものを。表に出せていないものを抱えている。抱えたまま死ぬのか、出して生きてから死ぬのか。

出せたら楽になるー

それまで人や自分に厳しく生きていても、本当の自分を知ることで出せるようになることで、自分の凸凹を認めて解放されれば、自然と自分にもだれにも寛容になれる。結局トランスジェンダーとはそういう意味があるのだと思っている。

早く書くから待ってろよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。