Que mira, bobo

どうやらコロナにつかまった。激しい咳き込みと高い発熱、頭痛に倦怠感に鼻水とオンパレードである。

月曜日 今思えばすでに喉が痛かったかもしれない。

火曜日 喉が痛む。うがいをしても効果がない。普通の風邪ならうがいすればスッキリ感が少しはあるものだが、それも乏しかった。ここがキモだろう。

水曜日 37度2分まであがった。平熱が36度スレスレなので、すでにぼんやりする感じ。咳がひどくなり、咳き込むほどに胸がつぶされそうな感じ。せっかく少し膨らみかけたのに…^^;

木曜日 朝から38度台に突入。やばいと思って、しかし一人暮らし、申し訳ないけれど買い物へ強行した。よろよろと歩いてスーパーへいく。ジュースやパンやバナナやお茶漬け海苔などを購入。よせばいいのにトイレットペーパーが安売りしていたので、18ロールも抱えてよろよろ帰宅した。38度6分、MAX。それから37度台後半をずっとうろうろ。起きていることはもはやできない。

金曜日 明け方に37度4分だったが、よろよろと起き出した8時には36度台に下がっていた。しめしめ、終わったか…と思ったが、午後になり再び37度台、今に至る。

抗原調査もしてないし、もちろんクリニックにも行ってない。2類指定のせいで近傍にそんなものがない。タクシーだってこないこんな田舎でどうしろっていうんだ。いまさらだが保健行政は失敗している。

症状はとにかく咳がひどい。咳をするたびに喉を痛めるより胸を痛める感じ。頭痛はタイレノールで抑えているが、倦怠感は激しく、関節も痛い。鼻水にも移行してきた。ようするに風邪の諸症状の重い版である。まさに感染症。布団のなかでわたしはうめいた。

Que mira, bobo!(何見てる、ばかやろう!)

サッカーW杯の準決勝でアルゼンチンが勝った後、メッシが相手のチームの選手に向かってこう叫んだという。前後関係はよくわからんが、きっとかれは勝利に高揚していたんだろう。この言葉をあしらったTシャツが売れているそうだ。かれのド根性を見習って、わたしはコロナに向かって叫んだ。「何見てる、ばかやろう!あっちいけと」。

明日は病に夜明けが来てほしい。
広告

Que mira, bobo” への2件のフィードバック

追加

  1. 郷さん、心配です。なにもできずに不甲斐なく申し訳ありません‥‥。
    ただただ早く良くなってくださるのを祈っています。
    どうかご無理のないように。お身体いたわってくださいね。☆MIMO☆

    1. ありがとうございます〜そのまんまコロナみたいな症状です…^^;
      味覚障害まで出てまして、口のなかざらざらです。ウイルスは感染した臓器に近傍する臓器や器官や肉や肌に影響を出すので、気道から食道へ、口中へと影響が広がるのも納得できます。
      ただ味覚障害は「後遺症」ですから、もうコロナも退散しかけていると思います。
      ご心配かけてすみません〜

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。