Disclosure

Sさんに勧められて観たドキュメントが『Disclosure』である。

アメリカのメディアがトランスジェンダーをどう捉え、どう表現してきたか。トランスジェンダーの俳優や映画制作者、歴史家らが過去の映画やテレビを取り上げ、また自身が演じた映画を語る。それらのシーンに登場するのは、トランスジェンダーが嘲笑され、差別され、気持ち悪がられ、ステレオタイプにされたシーンの数々である。これは果たして人間への扱いだろうか?私もトランスジェンダーになる前には気付かなかったが、これほど差別されてきたのかと怒りがこみあげてきた。

トランスは決してクイア(奇妙)ではない。極めてノーマルである。間違っているのは「その他大勢」である。

トランスジェンダーは、ありのままの自分を生きることだけでも勇気がいるのに、トランスして反対性で演じる勇気ははかり知れない。トランスジェンダーがどういうもので、何を考えているか、何を誇り、何を憂えているか。ドキュメントは「その他大勢」にそれをまっすぐ伝えてくる。

私はいまトランスジェンダーを主人公にする物語をリサーチ+構想中である。佳境だがもうひとつツッコミが足りない。ふとSさんが「観るべきよ」と勧めてくれたこのドキュメントを思い出した。Netflixなんて契約してもあんまり観ないだろうなと思っていたが、広告付きで月790円とリーズナブルになったのも幸い(^^)。観てよかった。テーマの確認や深掘りができた。ありがとうございました。

また『Disclosure』に出てくるのはアメリカ人なのもよかった。彼らは一様に背が高い。私も背が高くてそれが今となるとコンプレックスなのだが、ドキュメントを観て、改めて胸を張って、でかい女で生きようと思った。「その他大勢」を見下ろしてやろうと思った。私なりのトランスジェンダーの真実を描く物語、期待してください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。