ボリス•ジョンソンとたまむすび

どうやらコロナウイルス感染は欧米では峠を越えつつある。日本でも兆しが見えれば喜ばしいが、ゼロになることはなさそうだ。ワクチンにも弱点があり(たとえば抗体依存性感染増強など副作用)、治療薬もアビガンが効けばいいが風邪に万能薬はない。2シーズンほどはウイルスとの共生の世界を生きることになりそうだ。

ただ団結心は上り坂になってきた。そう感じさせた著名人が2人がいる。ひとりは英国首相ボリス•ジョンソンである。彼の退院感謝の5分間スピーチに感動した。

コロナウイルスに感染して首相職を停止し、一時はICUに隔離されていた。退院の感謝のことばにはcourage(勇気)、duty(責務)、decision(決定)、そしてmillions and millions of people、everyone(みんな)といったことばが繰り出される。プロンプタも見ず、ずっとカメラ目線でひたすら語りかける。

いちばんぐっときたくだりは、医療者ひとりひとりへの感謝である。Po Ling Shannon, Emily Angel,Connie Becky …..と、実名をあげるところだ。とりわけ親身に看病してくれた二人は、Jenny from ニュージーランド、 Louis from ポルトガルと出身地まで紹介した。人種のるつぼの英国ならではである。

ボリス•ジョンソンの当選時に、あの髪型もあって、ちょっといかれた左翼戦士かと思ったが、就任後のきさくな姿を見て、国民と平等意識も強いと思った。そしてこのスピーチである。英国には民主主義がある。スピーチはもちろん英語だが、動画には字幕がある。末尾に全文を記録しておく。ぼく自身、繰り返し読みたい。

昨日、舌下免疫療法の処方をもらうために内科クリニックに行った。すると咳をする子はいるし、37度5分の発熱が…といって来院する成人もいた。ここでもらっちゃいかん。だがもらうかもしれない。そんなときはどうするか。

TBSラジオ「赤江珠緒たまむすび」のパーソナリティ、赤江珠緒さんが良いアドバイスをしていた。夫が感染して番組を休んでいる。看病もあるし、自分も守らないとならないし、たいへんななか、A4で5枚にもなるメッセージを寄せた。6つのアドバイスを引用する。

(1)2週間分の隔離生活の用意をスーツケースなどにある程度まとめておく。発熱してからだと慌ててしまう。忘れがちな入院グッズは、サンダル、シャンプー、リンス、洗顔料、ドライヤー、冷却できるものがあればオススメ
(2)もっと事前にできることとしては家を少しでも片付けてできるだけスペースを作っておく事もオススメ。家庭内の導線が分かりやすくなりますし、消毒カ所も分かりやすい。体調が異変がない家族の運動スペースになる
(3)玄関前に食品など食料を届けてくれる存在の確認。出前できるお店の確認、友人、近所づきあいの声かけも必要。
(4)他のケガや病気になっても簡単に出られないので、置き薬。持病がある人は処方箋を事前に発行してもらう。
(5)親が共倒れになった場合の子どもの面倒は誰が見るのか。
(6)病と闘う上で、PCR検査で陰性、回復の状態がしっかり確認されれば、今度はその人が社会に戻って社会を回していけるというような世間の理解がどの程度あるのかという点。

ぼくは7番をつけたい。「猫の面倒はだれがみるのか?」

赤江さんもジョンソンのように社会復帰のことに思いをはせる。田舎ならず都会でも、この病気への差別をもつひとがいる。間隔を開けよ、マスクをせよと、他人を危険人物のように扱うルールも手伝って。

だが最初に書いたように、ウイルスと共生する社会になる。だれもが抗体をもつまでそれは続く。その社会ではマナーもルールも変わらざるをえないが、変えてはならないものがある。弱者への思いだ。明日は我が身である。共にがんばりましょう。

Boris Johnson 退院感謝のスピーチ全文 引用元

Good afternoon. I have today left hospital after a week in which the NHS has saved my life. No question. It’s hard to find words to express my debt, but before I come to that, I want to thank everyone in the entire UK for the effort and the sacrifice you have made, and are making. When the sun is out and the kids are at home, when the whole natural world seems that its loveliest and the outdoors is so inviting, I can only imagine how tough it has been to follow the rules on social distancing.
I thank you because so many millions and millions of people across this country have been doing the right thing. Millions going through the hardship of self isolation faithfully, patiently, and with thought and care others as well as for themselves. I want you to know that this Easter Sunday, I do believe that your efforts are worth it and are daily proving their worth. Because although we mourn every day, those who are taken from us in such numbers and though the struggle is by no means over, we are not making progress in this incredible national battle against coronavirus.
A fight we never picked against an enemy we still don’t entirely understand. We’re making progress in this national battle because the British public formed a human shield around this country’s greatest national asset, our National Health Service. We understood and we decided that if together we could keep our NHS safe, if we could stop our NHS from being overwhelmed, then we could not be beaten, and this country would rise together and overcome this challenge as we have overcome so many challenges in the past.
In the last seven days, I have of course seen the pressure that the NHS is under. I’ve seen the personal courage, not just of the doctors and nurses, but of everyone, the cleaners, the cooks, the healthcare workers of every description. Physios, radiographers, pharmacists who kept coming to work, kept putting themselves in harm’s way, kept risking this deadly virus.
It is thanks to that courage, that devotion, that duty and that love that our NHS has been unbeatable. I want to pay my own thanks to the utterly brilliant doctors, leaders in their fields, men and women, but several of them for some reason called Nick, who took some crucial decisions a few days ago, which I will be grateful for the rest of my life. I want to thank the many nurses, men and women whose care has been so astonishing. I’m going to forget some names, so please forgive me, but I want to thank Po Ling and Shannon and Emily and Angel and Connie and Becky and Rachel and Nikki and Anne. And I hope they won’t mind if I mention in particular two nurses who stood by my bedside for 48 hours when things could have gone either way. They’re Jenny from Zealand Invercargill on the South Island to be exact, and Luis from Portugal near Porto.
And the reason in the end my body did start to get enough oxygen was because for every second of the night they were watching, and they were thinking and they were caring and making the interventions I needed. So that is how I also know that across this country, 24 hours a day, for every second of every hour, there are hundreds of thousands of NHS staff who are acting with the same care and thought and precision as Jenny and Luis.
That is why we will defeat this coronavirus and defeat it together. We will win because our NHS is the beating heart of this country. It is the best of this country. It is unconquerable. It is powered by love.
So thank you from me, from all of us to the NHS. Let’s remember to follow the rules on social distancing. Stay at home, protect our NHS and save lives. Thank you and happy Easter.

ケンカするなよ。

ボリス•ジョンソンとたまむすび」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中