昭和を予測して駆け抜けた男 堺屋太一

2019年2月8日に死去した堺屋太一氏の自伝を読んだ。見えてきたのは、彼はまさに昭和のモーレツ男であり、「予測しながら」走り抜けたことだった。

多芸多才の男は自分の一生80年を7つの季節に分けられるという。戦中から戦後にかけての貧しい少年時代には想像力をたくわえた。高校•浪人時代には生涯の友に出会った。18年間の官僚時代には法案作成を学び、官僚の腐りやすい本質も知った。エコノミストとして『油断!』を含む70冊の本を書いた。1970年の日本万国博覧会を発案し、計画し、実行した。石田三成やチンギス汗の歴史を描いた。そして経済企画庁長官までした。

その7つの仕事を1章ずつ割り当ててまとめたのが本書『堺屋太一が見た戦後七〇年七色の日本』である。

感銘を受けたのは、堺屋氏が少年時代に見た「子供の社会で勢力を張る四種類の人間」のくだりである。まず「ケンカの強い奴」はそのままでは消えていく。腕っ節が気迫と才気と機転に変われば残れるという。「学業や体育の成績の良い優等生」も限界がある。たいてい大学受験後は平凡になる。「やたらに親切な子」も「金品をばらまく子」も便利屋扱いされてうもれていく。そこで堺屋氏はこう書く。

人生で役立つのは子供の社会ではさして目立たぬ能力、勇気や決断力、未来予測の勘、そして世相にぶれない信念だと思う。(本書P52)

堺屋氏は迷った時は、本書にたびたび出てくる、外国人の友人エリザベート•マイジンガーさんに相談する。就職や執筆や結婚相談までした。そして「やると決めたらやる」ひとになった。未来予測のベースにあるのは、役人になった時に身につけた統計分析である。すなわちデータである。そこから変化を見抜く力である。だから世相にぶれない信念を持つことができた。

先見の明ありと言われた堺屋氏の姿勢は一貫していた。「ことのはじまりはいつの誰なのか?」歴史視点をもった原点への探索である。

上司の何気ない言葉から、万国博覧会が文明伝道の場であり、初期のオリンピックは万国博の余興だったと知る。金銀銅のメダルも、最初は万国博の出展への表彰で授与されていたものを、オリンピックがまねたものだという。そこで堺屋氏は万国博を「日本を工業国として国際的に一人前にし、大阪開催で東京一極集中の修正させよう」と決意した。

万博では反対を押して若手人材を起用した。磯崎新、黒川紀章、田中一光、横尾忠則、森英恵、コシノジュンコ、石井幹子である。そこで堺屋氏はこう書く。

「戦後日本の青春はいつだったか」と問われるなら、「東京オリンピックから石油ショックまでの間の約九年間」と私は答える。(本書P119)

当時三〇代半ばの堺屋氏、仕事の青春時代に最大の仕事を成し遂げたわけでした。その青春時代の終わり、1972年に沖縄開発庁那覇事務所通商産業部企画調整課に配属された。本土復帰した沖縄の再生である。あれやこれやの横槍をくぐりながら、結局堺屋氏が狙いを定めたのは「観光」だった。沖縄復興の観光コンセプトをつくるために起用した、観光プロデューサーのアラン•フォーバス氏に「どうしたら沖縄の観光客を10倍にできるか?」ときいた。フォーバス氏は「あれ」があるから沖縄に行こう、の「あれ(アトラクティブス)」を作れという。フォーバス氏のコメント。

「この世の中で『アトラクティブス』といえるものは6種類だ。第一に歴史、第二にフィクション、第三にリズム&テースト(音楽と料理)、第四がガール&ギャンブル、第五が風光明媚、そして第六がショッピング。ブランド品や名物が買える市場だ。観光地を作るにはこのうち三つそろえよ。六つそろえようとすると、月並みな町になる」(本書P143)

この助言をもとに堺屋氏は10数倍の観光客と1.5倍の人口増を実現する基をつくった。フィクションには映画の舞台に起用もあったが、沖縄アクターズ•スクールとの提携もあったというのには唸らされた。

モーレツに働いた昭和の巨人は、平成の30年は「敗戦時代」と言い切り、いかに再生するか腐心していた。頓挫した首都機能移転や大阪都構想への肩入れである。昭和を生きたはしくれとして僕もがんばろうと思いました。

しかし今の官僚や政治家に堺屋太一氏のまなざしがどれほどあるのだろうか。統計がどれほど大切かわかっているのだろうか。青春時代をつくる気迫があるのだろうか。

余談ですが、堺屋氏の妻の池口史子氏の絵、どこかエドワード•ホッパーを彷彿とさせる良い絵だと思いました。いずれ拝見します。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中