2018年暮れ、ある日

不況にもマケズ
増税にもマケズ

冬の霜焼けにも夏の汗疹にもマケズ
弱い肉体にムチを打ち
寄る年波をザンブと押し返し
一日に白米二合と麺一玉と
味噌汁と食物繊維の多きものを食べ
自分にできることは文章くらいなんだ!と
夜空に向かって叫び
猫を相手にジョークを言い
散歩して平らな道につまずき
郵便局に自転車チェインが外れた人がいれば
ドライバーで治し
スーパーに車椅子で買い物をする人がいれば
品物選びを助け
名医に会っては熱心に話を聴き
自称名文にまとめ
霜水が庫内に溜まる台湾製冷蔵庫に耐え
ティファールに替えた電気ポットに満足し
遊べ遊べと机に乗る猫を肩に載せてあやし
みなよりめんどうくせえ奴と思われて
褒められもせず
苦にもされず
モハヤそういうものに
ボクはなっているようだ……

と、年の瀬のつぶやきでした。さて午後も買い物後にまた仕事です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中