愛と正義と冒険の文学

高橋健二の最後の著作で寄稿を集めた本書は、思いのほかケストナーの記述が少なくてがっかりした。とはいえ後半には光がさしこんできた。 … 続きを読む : 愛と正義と冒険の文学

広告