m3(エムスリー)に寄稿しました。

ひょんなことから、医療情報サイトのエムスリーで記事を書くことになりました。なりました、といいつつ、これ一回で終わる可能性も大ですが(笑)

テーマは今注目の「AI」で、中国のベンチャー企業の画像診断システムに導入された「肺の画像から結節(病変)を自動的に抽出する」システムの紹介です。AI、AIと世の中いろいろと騒いでいますが、構想や夢ばかりで、何ができるのか、いつできるのか、よくわからないものばかり。その中で、このシステムは医師の画像診断を支援し、収益に寄与する実用システムであるのはすごいと思います。記事では「近未来の価値ある実用化」も提案しました。

『心臓画像専門医が肺CT画像から結節を自動検出するAIを使うわけ』(前編)

「放射線診断医の仕事を奪う」AIはまだまだ先(後編)

ぜひプロフィール写真にもご注目ください…(^^)

ブログの更新が滞っておりましてすみません。2つ理由があります。ひとつは今、執筆作業がハイマウンテン状態なのです。社会のお役に立つべく、心療内科の先生とのタッグの本を書いています。両手はひどい腱鞘炎、口には口内炎、肩こりと頭痛に耐えながら(^^;;)書いております。これが書ければあと2つ、社会のお役にたてるものを書きたいと思っています。

もうひとつは花粉症。今年は(も)ひどい…… あと2本書くために、3年は生きると決心しました。6月くらいからスギ花粉症の舌下免疫療法をしたいと思っています。来月からはブロガーにもどります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中