私は天使になりました。

「あなたの使用しているナイフの名前を知りたい。I want to know the name of the cutter.」というメールが韓国から来た。

どこかで見たようなキリである。紙を切るキリといえばあれだろう。着物の柄を染めるために作る、伊勢型紙を突いて彫り切る道具である。しかしメールは私が運営する御朱印帳オンラインショップ(かみのみか)宛てに届いたのだが、そのサイトのどこにも伊勢型紙のイの字の情報がない。知る人ぞ知ることであるが、私はかつて伊勢型紙のイベントを開いたことがある。ハテどこかでつながったのだろうか…?どうしてかみのみかに送ってきたのだろう?ネットとは怖いものだ。

そこで「画像の道具はおそらく着物の型紙を切る道具です」と返信した。すると感謝のメールが届いた。「もう一つ教えて、これはどこで買えますか?」

もちろん私はある巨大な原稿と四苦八苦の格闘の真っ最中である。うざいと思ったが、メールにはこうあった。「私は韓国芸能人のスタイリストです。服製作するその剣が必要です」切羽詰まった感じなので、探してみるとすぐに販売店がひとつ見つかった。もちろん伊勢すなわち三重県である。オンラインショップでその丸キリも見つかった。URLを教えてあげた。すると丁寧な返信がきた。

Kamiさま
あなたの天使ですか?空から降りてきた天使だと思う。
とてもありがたく大好きです。本当に言葉で説明することができないほどありがとう。
韓国に分かりたい事ある私にメールしてください。多見つけてあげる。
おやすみ。(原文ママ)

神様にも天使にもなれない。天使の頭の輪っかの代わりに、すでに三角形の布をヒタイに巻いているのだ。ホトケ様に近いのだ。でも私こそ気持ちよくなれた。むしろありがとうと言います。原稿は苦しい格闘を強いられているけれども、これをきっかけに光が見えてくるだろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中