我が五勢

一昨日書いた「五省」であるが、自己流に書き直すことにした。まず名称から変える。五省ではなく「五勢」である。省みるのはもうやめた。それより一歩でも前に進もう。

五勢

一、きっぱりせよ
〔獅子のごとく〕
一、相手から見よ
〔相手から読者から恋する人から〕
一、奉仕せよ
〔詩人中原中也の教え〕
一、おりてこい言葉
〔おりてこなくなる日まで書く〕
一、愛利を求めず
〔愛する人をただ愛す〕

以下、逐条解説である。

「きっぱり」は潔さであり、胸を張ることであり、悠々と行くこと。獅子のごとく。

相手から見ることはむつかしい。だが相手を尊重できるかどうかが人生のあらゆるカギを握る。

「奉仕の気持ちになることなんです」と詩人中原中也は書いた。故人M氏は「ボランティアマインドを持ちなさい」と言った。

言葉がおりてこなくなったらおしまいである。それでも残るものはある。愛することだ。

愛する人を愛する。それは愛する人から利を求めることではない。ただ愛することである。

いつも生まれ変わる〜と啖呵ばかり切ってきたが(笑)今度はきっぱり変わる(^^)。以上。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中