わふわふわふ。

和布(わふ)と手作り 第2号』にかみのみかの御朱印帳が取り上げられました。表紙にもちらりと(左角)。2017年3月23日、発売。

雑誌『nid』を出すエフジー武蔵さんから取材を受けたのは、昨年(2016年)12月ですから、まだ工房のスペースがあった頃。職人坂井がずいぶんと張り切りまして(^^)良い写真が撮れました。布で表紙を作る御朱印帳、説明は凄くわかりやすいので、この本を買ってお読み頂ければ、布表紙のオリジナル御朱印帳が美しく仕上がります。良いページを作ってくださってどうもありがとうございます。

しかし昨今、問い合わせもご購入も増えました。ありがたいのですが、こうも急激に増えるとまず制作が追っ付かない。何しろいい年した職人が一人でやってますから(笑)なるべくお手柔らかにお願いします。

しかし御朱印帳はますますブームですが、ブームというのは何ごとも良くないもの。ダイエット食品が好例ですが、長続きしませんし、元々の愛好者たちに失礼が及びます。今の世の中、富む者は富み、貧する者は貧するご時世ですから、神頼みが唯一ということはぼく自身もよくわかる。だからこそ控えめに、何ごとも控えめであることが、良い機会をつかんだ時も、残念ながら失敗した時も、心穏やかに対処することができるコツだと思います。

今年爆発的に売れても、来年ぱたりと売れなくなると、職人坂井も悲しみますし、ご隠居しちゃうかも。ぼくがいくら修行しても職人仕上げの自信がないので(断裁機もないし)、彼の目が黒いうちに(白内障の手術をしたので黒くなったようです笑)細く長く続けられればと。

何しろ神様にはブームがありません。御朱印をもらう神社やお寺周り、あくせく歩いては神様仏様に嫌われます。ゆっくりと自分の心の中を散歩するように、1ページずつ朱印をもらふ。思いを1ページごとに封じ込める。それが御朱印帳の良さですから。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中