3.11があったからこそ

あの日からずいぶん遠くに来たと思うだろうか。それともまだあの日の周りにいると思うだろうか。

あの日とは2011年3月11日、東日本大震災の日である。あの瞬間、花粉症に悩まされていたことと、揺れた時ギャラリーの倉庫にいたことを思い出す。棚から落ちて来る物を支えきれずに倉庫から出ると、展示物も揺れて落ちていた。廊下に出ると、上の階の引き戸がばたんばたんと自動ドアになった音が聞こえた。階段の手すりにつかまってcherryさんと顔を見合わせ、こりゃひどい…と言った。

当日首都圏は鉄道網が麻痺して帰宅もできないし、コンビニから食品はなくなるし、花粉症もひどい一日だった。だが今では「あの日があってよかった」と思える。

というと被災地の人には叱られる。あの日がなければ人は亡くならならず、家も無くならなかったと。申し訳ないが被災地にいなかったぼくには、あの日があったから自分のやるべきことが見えたし、それ以外のことを止められたという思いがある。

直後に被災地支援のイベントを開き、ぐるっとブレスレットワークショップも数年間毎月開いた。人生最良の出会いがあった。文の仕事でもビジネス分野のことを書くのを止めて、もっと深いものを書くきっかけを得た。何を大切にすべきかわかった気がした。成果(お金等)の大きさでは語れないが、自分なりに歩みだせた。

震災には心労があったが、日々「誰かを心配する」のは良いことでもある。

愛する人の体の具合や心模様を心配する、ブラック会社に勤める子供の燃え尽きを心配する、猫が吐いたり痩せたりするのを心配する。心配は負担だけれど、それが真剣なら、相手と心と心で響き合うことができる。亡くなった人びととも通じ合える。それは悲しみでもあるが喜びでもあろう。

震災は風化しつつあるけれど、あの日の周りを歩いている実感さえあればいい。3.11にそれを確認すればいい。「別のあの日」がやってくるその日まで…(^^;

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中