信じること

信じることはむつかしい。どうもそれは〝in〟があるかどうかのような気がする。

数学という学問は〝証明〟という手続きを経て「これが正しい」と宣言をする。さらに自然科学は〝実証〟という手続きを経て「逆らいようのない真実」を突きつける。それは人びとの「共通了解」を広げることだ、と養老孟司氏は『バカの壁』に書いている。

それはわかるが、ぼくは「信じる」という心理や行動は一筋縄でゆかないと思うのだ。

まず「絶対的な真実」なぞ存在しない。自然科学ではその時点で「信じておこう」という科学者同士のお墨付きである。人文科学では実例や主張を積み上げて「信じなさい」というプレゼンテーションであり、日常生活では「そこまで言うなら(信じるか)」という駆け引きになる。

「信じる」にもタイプが色々ある。親子代々同じものを信じて来た伝承または空気のような「信じる」もあれば、否定したい過去が根底にあり、ゆえに「未来を信じたい」という逃避もある。

信じることはむつかしい。そこで〝in〟がカギを握ると思う。

英語でbelieveは「それがほんとうかどうか判断する」という意味である。I believe what you are saying.は「あなたの言うことをほんとうだと考える」という意味である。

一方、Do I believe in myself?「自分を信じられるか?」、Do you believe in God?「神の存在を信じますか?」のbelieve in は「存在や力を信じる」という意味である。in つまり「ーの中へ」があると、信じる対象や方向ー自分や人や神が見えてくる。

つまり「信じる」は「判断」ではなく「方向」である。それが信じる力を生み、大きくするのではないか。なんとなくうなづけるが、ではこれはどうか。

誰かを助けるために、信じるものを裏切ることは「信じていない」となるのだろうか?それともより強く信じることなのだろうか?

逆説的だが、疑うことがあるから信じることができる。信じるとはジグザグなのではないだろうか。

img_1532

愛することがジグザグで強くなるように…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中