自分を許す

今朝がた、ひとつ開眼した。50年間ずっと道に迷ってきた。転職もしたし離婚もしたし社会コースからもかなり逸れた。それをずっと「あちこち迷っている」とネガティブに考えていた。そうではなく「道を探して必死で歩いてきた」とポジティブに考えればいいのだ。

すると歩いてきた道は決して真っ暗ではなく、所々明るかった。全ての道が暗い人はいない。トンネルの中でも薄ら明るい所もあれば、間には切れ目もあったはずだ。迷う人は心の中の怪物(心の壁のポリープや出血)だけを見がちだが、怪物は一部に過ぎないのだ。

自分をごまかすのではない。「自分という全存在を見るために必要なステップなのである。全てを見る目をもてれば、自分にも人にも世界にも素直になれてゆく。

ポジティブになると億劫がなくなる。近所の花屋に行った。敬遠していた店だ。だが入ってみると違った。おじさんもおばさんも感じがよかった。スプレーか大輪か迷って、大きな一輪に草を付けてもらうことにした。結んでビニールを付けてもらう間、店番のオウムと話した。

おはよー
ありがと
どういたしまして

大きなカゴの中でカラフルなオウム。つぶらな瞳、ピンとしたトサカ、大きなくちばしが可愛い。話しているとオウムは上下に伸びたりしゃがんだりした。

「上下動するときは喜こんでいるの」おばさんが言った。

オウムは上下しながら、餌の種をつついて殻を破って中身だけを食べた。殻はちゃんと器に落とす。本当は大輪をスプレイのようにたくさん買いたい。お金のことを考えると暗くなるのでこう思うことにした。

お金があっても無くても質素に生きよう。不要な物を買わず過食もせず、環境にも健康にもいい。オウムも自分も喜んだし、近所のお店の小さな買い物が楽しくなった。強がりは入っているが(笑)ようやくぼくも素直に上下動できるようになってきた。

fullsizerender225

近所にサンタの家がありました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中