ピノ子宛の宅急便…?

クロネコヤマトのお姉さんが、3Fまで重い包みをへえへえ言って持ってきてくれた。ハンコを持って、扉を開けるとお姉さんに言われた。

『「郷好文•ピノ子様」でよろしかったですね?」

img_0485

…?ピノ子様?クロネコが黒猫宛?なんじゃい、まさかキャットフード半年分?ありがたい〜と思えば…

img_04961

ジャーン!『ドクターズマガジン』1年分…(^^;;)

てわけじゃなくてバックナンバーどっさり。杉浦編集長からの愛のこもった贈り物。数日前に、国立国際医療研究センターの春日雅人氏の掲載号ことを書いたら、ドーンと送ってきた。その他の最近号もついてきた。これで営業PRしなさい!というわけです〜ハイします。しかしウチの黒猫その気無し。ピノ小屋にこんもーり(笑)

img_04941

今日寒かった。黒猫はずっとピノ小屋にいた。飼い主は暖房抜きで着ぐるみ状態、寒くて寒くて…^^; あったかみをおくれ!て膝に載ってもらった。天然生物カイロ。

img_04951

寒さで創作修行も捗らず、心療内科本の原稿修正も少し時間がかかる。あれこれ中途半端な日になった。しかも肩こりと偏頭痛と鼻炎がセットで体調悪し。妄想がもたげてきた。ぼくの中のぼくが声をかけてきた。

「オマエってヤツはほんとにドンキホーテだな」
「言われなくてもわかっている」
「結局猫とふたりきりじゃないか」
「わかってるって」
「まあそうヒネるなって。たとえ挑戦が報われなくても、オマエは身を挺して挑戦をした。それは偉大なことだ」
「そう思うか?」
「ああ。恋と文に命を賭けるなんて並大抵の阿呆じゃできない」

img_04921

と窓の向こうを見ると、カラスがカァカァ鳴いていた。

そんな一日でした。ドクターズマガジン、読んでくれそうな方にゲリラ的にお送りします。欲しいという奇特な方は宛先を送ってください。暮れですからお返しに「カリカリと柿の種」の詰め合わせを「郷好文•ピノ子」宛にください(笑)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中