キーボードはまだ作り直せる。

MBPのTouch Barが気になった。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-28-22-41-57

MBPとはMacBook Proのこと。今日Appleから発表された新しいMBP、「ファンクションキーをなくしました」がおもしろい。ぼくはMacの純正のBluetoothキーボードを使っている。打ちやすいし、使用中のMacと同じキーボード配列なのがいい。価格が高いことを除けばベストキーボードだ。

そのキーボードをジョブズ流にシンプルに作り直したわけですね。説明文を読むとこうある。

「このガラスの帯は今していることに合わせて自動的に変化し、あなたが既に使い方を知っている、その作業に関連したツールを表示します」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-28-22-51-55

気になったのが「音声データのオンオフ、巻き戻し」。ぼくはテープ起こしをずいぶんする。そこはどんな動作になるのか?

システムコントロールを拡大、縮小、カスタマイズして、音量や明るさなどを表示できます」とあるので、オンオフのキー(F8)や巻き戻しのキー(F7)のサイズを大きくするのもできそうだ。ぼくは時々打ち間違えるのでありがたい。巻き戻して聴くのも、例えば1秒とか2秒とか、自由に設定できれば尚いい。

話しは逸れるが、最近ぼくは音声入力でテキストを書くことがある。fnキーを2度押し、喋るとそれをテキストにしてくれる。一度に長文はできないけれど、かなりの精度で入力できる。次のテープ起こしでは、音声を耳で聴いて、それを復唱入力してみようと思っている。

他にもキーボードには進化の余地がある。ぺろんと上部を外して、内側のゴミを取れたり水分を拭えれば、ブドウを食べながらでも原稿が打てる。キータッチの強弱を変えられるのもいい。疲れた時は柔らかく、ちゃんとした文を打つときは硬くとか。

img_0246

早くTouch Bar付きのキーボードを作ってほしい。なぜなら文章家にとってキーが打ちやすいことは、猫を撫でるのと同じくらい大切だからだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中