暗闇を後ろにおいて

「見えるようになったら転ばなくなったね」と麗人に言われた。たしかにそうだ。

以前ぼくは平らなところでよく転んでいた。横断歩道で転び、ペデストリアンデッキでこけた。ごく普通の歩道でよく蹴つまずいた。それは目が悪いせいだった。目の手術(白内障)をしたら転ばなくなった。

だが今、もう人生でも転ばなくてすみそうだなと思えた。一昨日に離婚をして、その日はまだ夜までしっかりしないといけないかった。翌日の昨日は、一日地方出張で、ずっと緊張していなければならなかった。今朝、起き上がれないくらい疲れていたのに、猫のピノ子にうながされて起きた。掃除をしてテープ起こしをするとまた眠くなった。二度寝を15分ほどして起きると、風景がちがった。

空気が見えるような感じがした。吸い込むと胸が大きくなった。

離婚する家庭がどこもそうのかわからないけれど、我々は心で痛めつけあっていた。あまりに形式的な冷たいあいさつしか交わせない夫婦がいた。食事時間をわざとずらして帰宅する夫がいて、夫の食事はラップにくるむ習慣をもつ妻がいた。食卓から離れて飲酒を深くしてから食事を浅くする自分がいた。それが何年繰り返されただろうか。10年いやもっとか…。その状態から決別したくて別居して2年が経ち、しかし離婚ができなかった。ようやく2年半の一昨日にそれは終わった。

あの日々から自由になれたとじんわりと実感がきた。すると、長生きしたいと思った。そんなことを思ったのは生まれて初めてかもしれない。

この10年、追いかけてくる死から逃げるように生きてきた。だがもう絶望することもない。もうしたくないから、今夜は真の愛の誓いを「か行」で書いておく。

かたりあい
きくばりしあい
クリエイティブに
けだかく
ころばずに…(^^*

「人生の道が晴れてきたら走れるようになったね」と言われるように。

fullsizerender194
暗闇は後ろにおいて。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中