キリコの上のピノ子

ピノ子の誕生日がまたやってきた。毎月22日である。

ウラのアパートで飼われていたこの子が、ぼくの所にきた日が6月22日だった。夜逃げか何かで住人がとんずらし、この子が放たれた。ストレイキャットになりかけたが、前から窓越しに目を合わせていた間柄、一か八かで入ってきた。ピノ子と名づけて今日で丸3ヶ月。

改めてどんな猫か。まず貧乏なウチに来るなんて無謀だ(笑)しかしご飯はグルメ。缶詰もパウチもチュールも色々試しているし、カリカリも高価なものだ。お八つもある。つまり大食嬢である(^^;)来た時はバサバサだった毛並みは今ツヤツヤになった。

礼儀も躾もしっかりしている。おしっこウンチを猫砂場以外でしたことはない。砂はちゃんとかけるし、「したよ」って教えてくれる。ご飯後は「にゃお」と言いに来る。ごちそうさまなのだろう。

遊びは問題だ。何せすぐ飽きる。新しい紐や箱が3日はもたない。追いかけっこをしたり、布団で遊んだり、いろいろするがクリエイティブが不足しがち。でも今日はピノ子のおウチを作ったら中に入ったり、周りをぐるぐるで遊んでくれた。だがまだ足りず、ひとりでカーテンに突進してレール近くまで上った。カーテンから鋭いツメが出ていた。

img_1833

「ツメ切らせろ」と言って捕まえると強めに甘嚙みされた…(^^; これまで猫の達人にお願いしていたので、ぼくがツメを切るのは初めて。双方慣れていない…片足しか切らせてもらえなかった。

怒った。

怒ってもしようがないが、餌はくれくれ言うし遊びはむつかしいし。飼い主は人生もむつかしいので途方に暮れることがある。双方、プンと物別れ。

しばらくすると頭を下げてニャオと言ってきたので、「切らしてね」と言った。すると今度はおとなしくしてくれたので、ツメが切れた。仲直りできた。

こんな3ヶ月。キリコの上のピノ子よ、次の3ヶ月もよろしく。

img_1834

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中