武士道はフェアプレイ精神

単純バカなコメントですが、綺麗な発音の英語を話せる代表がいると嬉しい。小池百合子都知事の「The Tokyo Organizing Committee of the Olympic and Paralympic Games(東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会)への五輪旗引き渡し記者会見」の英語である。思わず特技のテープ起こしをした。

スクリーンショット 2016-08-21 12.48.57

In 2020 Tokyo will hold Olympic and Paralympic Games for the second times.  Tokyo and Japan embraced concept of Bushido, a sprit of fair-play, which are iconic our traditional values integrated with cutting edge science, and technology, and that is how we had progress. I’d like to make Tokyo Olympics to be faster, higher, stronger, clearer. In another word, transparent.
I hope the flag, it’s not too heavy, although I trained my muscle to receive it properly.

2020年、東京はオリンピックとパラリンピックの二度目の開催をします。東京と日本は武士道、すなわち日本の伝統価値を象徴するフェアプレイ精神の概念を胸に抱きつつ、最先端サイエンスとテクノロジーをこのオリンピックに統合いたします。
私は東京オリンピックをより速く、より高く、より強く、より明快に、言い換えれば透明なものにしたいと考えています。閉会式で引き渡される五輪旗が、私に重すぎないよう筋肉を鍛えてまいりました。(拙訳)

出典1出典2

武士道=フェアプレイ精神がすっときた。初めて東京でオリンピックをやる意味が見えた。

武士道とは負けて相手を讃え、勝って自分を慎み、試合だけでなく前後の姿勢を大切にするもの。what ever it takes, 東京五輪はサムライ•オリンピックであってほしい。

なにしろロゴの選定にも、メイン会場の建替えでも、透明性もなければ明快でもなかった。政治や経済がまん中に来て、武士道が置き去りにされていた。行動なきネット民の口先の言論で左右されてきた。リオ五輪でもあるタレントが「試合に白けた」という感想をもらすだけでバッシングされるのはソラ恐ろしい…

小池都知事、やることはいっぱいある。がんばってつかあさい。ぼくはせめて英語を鍛え直して五輪ボランティアします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中