人生のトリミング

かみさんが(神さまでもオカミサンでもなく名字である)自然風景画像をFacebookにアップしていたが、実はずぅっっっーーーと先の小枝にとまる、ちっちゃな小鳥を写したかったとか。

結構高解像度のレンズなので、まわりの風景をトリムしても、小鳥が綺麗に写っていた。その画像を見て思ったことー

人生もトリミングできたらいいのに。

人生の瞬間瞬間を写すようにぼくらは生きているとしよう。広角レンズのような目で人生を大きく写す人もいれば、接眼レンズのような目で人生をクローズアップする人もいる。要するにどう生きるか、目的を持っていると言っていいい。

だがたいていの人の目は「標準レンズ」である。遠くもまあまあなら、近くもまあまあ写せる。

標準レンズの人生は良いのだろうか。人生というファインダー、けっこう余計なもんが写っている。ここぞと思うときにがんじがらめでズームアップもできない。ついピンぼけになったり。

それならたとえ平凡な画像でもトリミングできればいい。

イヤな体験を切りとってしまえ。不満だった頃を切り取ってしまえ。不本意な成績も、失敗した結婚も切り取ってしまえ。標準レンズでもRAWで写しておけば、切り取って小さな画像になっても、拡大してボケない。その小さなbutフォーカスされた部分で生き直せばいい。

ぼくもそうやって生きてきた。今、もう一度人生をトリミングしたい。絞り直したい。

と思っていたら、もの凄く厳格に自分をトリミングする人がいた。天皇陛下である。今日観た「平成の玉音放送」で、天皇は国家の象徴という役割をトリミングし、自分という存在もトリミングし、まわりに迷惑がかからないように、静かに消えますと話していた。凄い人だ。

人生は時に応じて小さくまた大きく、最後はバッサリとトリミングするべし。

IMG_1449

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中