挑戦者たち

東京のタクシーが「ちょい乗り」で安くなる。2017年春から1キロ410円。高齢者が多いし、外国人旅行者にもありがたい。さすがはタクシー王子の川鍋一朗氏、業界を揺らす提案をよくぞ通した。

ただ実際にはスタートが1キロ410円になるだけで、2キロ730円は変わらない。

スクリーンショット 2016-06-03 20.48.58              画像は毎日新聞より

つまり本質的な自由競争ではなく、規制の中での需要刺激策である。

一方世界を見れば、今やスマートフォンで近くにいる(素人ドライバーの)登録車が呼べる「UBER」が主流になりつつある。このシステムでは流しのタクシーはガラス張りになる。スマフォ上で「そのタクシーがいくら」はもちろん、「サービスの☆の数」も「クレームの★数」も表示は可能である。タクシーを選べる時代が来る。

そういうことも十分に踏まえて、「ガラパゴス日本は自由市場にならない」と川鍋氏は読んだのだろうか?彼の立場(業界最大手のトップ)と人間性(目配りのきく性格)をよく表した提案だと思った。

一方、あるベトナム人青年がいる。

若い彼は今ガツガツと民泊を事業拡張している。23区で規制が甘い区を中心に、民間賃貸だけでなくURの空き家まで借りまくって民泊にしている。備品は国外に発注して安くつくり、掃除サービスを一手に管理する。Airbnbのシステムをフル活用しているようだ。

民泊はサービスが低いとか、貸すのはリスクがあり、騒音で訴訟もありうる。だが彼の話しを聞いていて、祖国ではない市場で起業する力に恐れいった。それ以上に突き進む勇気に胸がすっとした。若いっていいな(^^)

規制強化で民泊はボシャるかもしれない。彼も失敗するかもしれない。それはそれである。彼には挑戦をしたという勲章が残る。何よりも真の宿泊ニーズをつかめば、いずれホテル王になれる。

民泊やUBERが突きつけているのは「市場の既成破壊」だけではない。事業者への「心の中の壁を破壊できますか?」という問いかけなのである。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中