一貫した仕事

今夜の4月入社組向けのASEAN留学生就活講座で、最後に質問があった。「どう自己紹介をしたらいいか」

IMG_9758
入社後のプレゼンでパワポ4-5枚で自己紹介をせよという宿題である。

将来の夢、趣味、好きなこと、挑戦や成功体験、笑えるエピソード…などいろいろ意見が出た。それを聞きながら、先日ある人に自分の職歴を説明して言われたことを思い出した。念のため就活じゃない。

「あれこれ飛んでますね」

ぼくの職歴は、1社目はマーケティングリサーチ会社、次はその時の顧客に引っ張られて製造業で新規事業を立ち上げた。3社目はコンサルティング会社、そして独立してアートギャラリーやライターや講師である。一貫性が無いと言いたかったのだろう。その通りかも…^^;

でも自分の中では職種は違えども、それほど一貫性を欠いているとは思っていない。なぜなら仕事の中身では「調査して報告書を書く」「アイデアを出して新規事業をする」「海外調査•営業をする」「コンサルをする」「アートギャラリー(という新規事業)をする」。一貫して「新しいことに挑戦」をしてきたし、分野も医療関係が多かったし…。

でもヨソ様から見れば「つまみ食い」のように見える。世間的には「一社御奉公」が一番で、「会社の業種」「仕事の分野」が同じであることが尊ばれるから。

そこでもう一度考えた。すると、実は一貫しているのは「書く」であると思い当たった。

「調査報告書を書く」「プレゼンテーション資料を書く」「コンサルの討議資料を書く」「講義資料を書く」「文章を書く」「翻訳をする」…ギャラリーの手づくり活動でも「手紙の商品開発」にこだわる。余技では「漫画も書く」。

「ことばのデザイナー」というテケトーな肩書きはあながち間違いではなかったのだ。でもやっぱり「器用貧乏」かもね…。せいぜい「ことばのデザイン」に励めという身辺整理の春なのである。

皆さんも自分の中で何が一貫しているか考えてみてください。

FullSizeRender(97)

長崎の名菓、おいしゅうございました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中