和紙と和紙でしあわし

センスないって言われてもさあ…(:^^:)

FullSizeRender(65)
和紙はある。無地も柄もある。どうやって自分オリジナルができるのか。

「組み合わせればいいじゃない」

紙の手づくりワークショップイベント『手•紙 te kami ⑥ みやこどりは星だよ』の中の出し物を考え込んでいたぼくにcherryさんは言った。それっで『和紙のオリジナルスマホケース』を作り出した。

IMG_8009

和紙の柄を切り抜いて無地柄に合わせてみる。

IMG_8010

デザインが決まったら、まず無地の和紙をケースに貼る。彼女の携帯はXperia。どんな機種でも硬質樹脂ならなんでもいい。iPhoneなら100均で売っている。ぼくもまねして作ってみた。

IMG_8014

柄をチョキチョキすると和紙がどこかシュールになる。不思議なもんだ。

IMG_8019
柄を貼ってフランス製の糊を塗って出来上がり〜。柄の組み合わせでまさに世界で2個とないケースができた。いいでしょう〜(^^)

IMG_8048

このワークショップでは和紙の組み合わせを自由にやれる。やってほしい。参加費は600円(ケースは持ち込み)。11月27日、12月1日、3日、5日と4回開催します。

和紙のがまぐちくちくワークショップでも和紙を組み合わせて作れまっせ。

IMG_8050

ちくちくして柄ストライプ入りにすっかなあ。

IMG_8051

仕上がり、どうでしょう。

IMG_8053
調子にのってもうひとつ作ったら、なんだかシブいのができた…

IMG_8059

まるで干し柿(笑)

まあいいでしょ。ぼくは手づくり案内人、作る人がセンスあればいい。もちろんちゃんとつくれるように指導するけれど、「ちゃんとつくる」よりも「自由につくる」。手づくりで自由になってリラックス。和紙と和紙を組み合わせてしあわし(幸せ)になろう(^^;)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中