文香ワークショップ、開きます。

やってくる時はやってくる。

ぼくがギャラリーから出かけた後、電話があった。cherryさんがとった。丸の内のある施設である。

すると、その後すぐにある雑誌からメールが届いた。暮らしのムック本である。

どちらもぼくらの手づくりイベントの出し物のひとつ、「文香」のワークショップを取り上げたいという内容である。施設のどこかにワークショップの試作とDMを置いてくれる。それは明日、山田隊長とcherryさんが行くので、どこにどんな展示なのか、乞うご期待。は印刷号で11月末に出る号に間に合わせてくださるそうだ。画像、送りました(^^)

600600-sachet4

手紙に匂いを添える文香(ふみこう)と、お香とつかったサッシュ(匂い袋)サッシュを二つずつ作るワークショップ。ある人と“交換日記”みたいな文通をしているけれど、手紙が返されるときいつも好い匂いがしている。その匂いが消えない前に返信をする。扉を開けるとふっと香る玄関。住む人の人柄がわかる。

ふたつの香りを江戸からの和紙の老舗、日本橋 榛原(はいばら)の千代紙と五雲箋、お香をつかって作るのである。

しかしこのイベント、ほとんどPRしていないのに、よく目をつけてくれた。ありがたい。

600600-sachet1

せっかくkitteにゆくなら、他のものもPRしたら?という話しが出て、御朱印帳なんかいいんじゃないとなった。和テイストの御朱印帳キットもいいんだが、すかさずぼくは『御朱印ポストカード』のPRもお願いした。本邦初の御朱印帳スタイル、御朱印をピリリと切って送ることができる。どんなものかは『手•紙 te kami ⑥みやこどりは星だよ』に来て見てください。初めての売り出し。ガイジンさんもターゲットの商品なのでこんな案内も封入している。

IMG_7048

ふざけてるようですが真剣…(^^

FullSizeRender(62)

そんなこんなの文香のPR日でした。ワークショップのご予約、お待ちしております。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中