すごい人

今週のASEAN留学生就活講座、演習テーマは「社会で働く『すごい人』を話してください」である。

祖国での就業体験や日本でのアルバイトでもいい。知り合いや新聞記事でもいい。この人はすごいと思った社会人を選んで「何がすごいのか」「どう思ったか」3分間スピーチをしてもらう。

ねらいは「志望動機」を書いたり話せるようになるためだが、せっかくだから良い会社に入ってほしい。良い会社とは「すごい人」がいる会社である。

それでぼくの「すごい人」は誰だろう?と思った。

今の仕事場の中村さんはすごいし、前の勤めのヨコキンさんもすごい。すごい人はいっぱいいるが、ひとり思いだした。ちょうど10年前にコンサルティングのプロジェクトで働いた人だ。今、何しているだろう?ひょっとして…と胸騒ぎがして『丸広百貨店 社長』とぐぐってみた。すると…

ドンズバだ。すでに今年1月1日付けで丸広百貨店の社長であった。彼、神谷勉さんは、絶対社長になれる、いやなってほしいと思っていたのだ。遠くからおめでとうございます。

2005年の夏は暑かった。

この百貨店をいかに改善するか、コンサルタントチームのリーダーとしておよそ半年、川越に通った。地域密着型の百貨店、ある投資がアダになった。銀行がなんとかしろといった。創業家はなんとかなると思った。現場はしらけて売上も減った。重大な局面を迎えた中間報告会の日、プロジェクトのリーダー数名が報告をした。会社の重鎮は皆揃っていた。やるべきことはわかっていた。だが誰も決断しない。

最後の報告者として神谷さんが登壇した。彼はしばらく自分の報告をしていたが、やがて書類を置いた。黙ってみんなを見つめた。彼の目から涙があふれた。そして言った。

「このままじゃ…うちは潰れます」

彼は盆暮れなく過去数年間一日も休まず出勤していた。妻とショッピングしても丸広をつかって、さりげなく店を見回っていた。丸広を愛した彼が社長になった。きっとすごい百貨店になる。

スクリーンショット 2015-10-26 20.17.10 のコピー

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中