ピーク

オリオン座の流星は見えず。その代わり「満天の星空」を見た。

南関東の空、夜半過ぎには曇り。ひとつの星さえ見えなかった。仕方ねえとふて寝してしまった。ふと目が覚めた。iPhoneを見ると3時。出窓の外は真っ暗。見えるかもしれないと窓を開けると、いつもの星が見えた。

IMG_7773
東南東の空を見ると1つ2つ星が見える。流れ星は見えない。うーんと出窓の上の方を文字通り「天をあおぐ」と、そこには満天の星空が。

IMG_7795

満天といっても星を数えて15個か20個くらいですね。でも「星座らしい形」まで見えた。激しく感動した。iPhoneで写すのは無理だけれど、しかも何枚も写すのを失敗したし…

IMG_7794(1)

でも、残念ながら流星のピークは過ぎたんだろう。おっと…ピークといえばいつも思うことがある。

「今はピークはなのか?」「いやまだだ」

人生において「良い体験している」と思うとき自問自答することがある。「今この瞬間は素晴らしいときだ。だが今がピークなのだろうか?」「いやピークはまだあるはずだ」と。

たとえば米国に駐在したときに思った。こんな環境で二度と働くことはできないだろうと。コンサルで良い仕事をした時にも思った。最愛の人に出会えたときにも、それがピークではなく、そこからピークをつくるのだと信じてやってきた。ある人は「恋愛は出会いがピーク」でそこから落ちてゆくと言うが、愛をたくさん注げば山もできるのだ。仮にピークはひとつ過ぎたとしよう。下ってるけどまた上れる。そう信じないと生きてる甲斐がないのだ…

だが、改めて天からの授かりものの良い目で、“20個の満天の星空”を見て思った。

年取ったらピークを上るのも疲れるから、いっそ上ったことにして、むしろほどほどのピークをゆったり長く味わうのもいいじゃないか。退化というな、純化と言おう(^^)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中