いかれてる。

いかれたハート。ああ、まさに今のぼくだ。

keith richards crosseyed

Crosseyed Heart』by キース•リチャーズ。全15曲をひとことで言えば、枯れないロックンロールである。曲づくりの天才が70才を越えてまだそこにいた。15曲、どれも素敵だがベースに彼の深い愛を感じる。収録曲のタイトルからそれがわかる。

Robbed Blindは「君しか見えない」、Love Overdueは「愛し過ぎて」、Substantial Damageは「胸がドキドキ痛い」、Lover’s Pleaはそのものズバリ「頼むからさ」。“crosseyed”とは辞書的には斜視という意味だが、そこから「いかれた」というニュアンスがあるみたい。“いかれたハート”ってぼくのことか。myソウルメイトにはわかってもらえているけれど。

キースのやさしい歌声に押されてがんばって働いた。

掃除洗濯してお弁当をつくったあと、コンサルの仕事連絡、講義資料を途中までやってから仕事場へ。ギャラリーの掃除をして、いくつか撮影をして、ウエブサイトに画像を追加。マリさんデザインのかわいいみやこどり。

mari paper
このデザインの和紙でガマ口を手縫いで作った。自分で言うのも変だが手慣れたもんで、40分くらいでできてしまう。

IMG_7716

これも撮影してサイトにポン。次は来月のぐるっとブレスレットの作業。サイト更新、外部PR、DMとパネルづくり。毛糸を寄付してくれた方々にお礼のブレスレットを送りに郵便局にも行った。おまけに手製本ノートまで一冊つくった。新商品の試作でもあるし、実用もする。

たくさん仕事したけれど、心の中は薄いシーツような希望の膜の上をどこにも体重をかけないように(つまり破れないように)移動していた。秋なんてきらいだ。

これから講義資料をつくらなきゃ。キースの楽曲のように心の底でベースが響かせるように愛を奏でてゆきたいものだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中