ぐるっとする自由

39回目のぐるっとブレスレットワークショップ、土曜だけど11日開催じゃないし(いつもは毎月11日に開催)、出だしが悪かったんでいよいよ今回で「サンキュー、バイバイ」かなと思っていたら、ととと…と参加者がやってきた。

IMG_7674

手づくり好きのカップルが引き金になって、別のカップル、お一人さま…とテーブルがいっぱいになった。手づくりして被災地を支援するイベント、毛糸をぐるぐるするだけだが侮るなかれ。色や仕上げや形に個性が表れる。

この創造性を見よ。フィニッシュを見よ。ぐるっと•オブ•ザ•デイだ

IMG_7682

三連のれん(^^*)もいいし、フタマタコースもいい。右の彼のもかっこいい。

IMG_7680

お一人様のミシュランの一品(笑)もいいし、別のクールなカップルもやるじゃないか。

IMG_7677

IMG_7679

どうなることかと思った美人三人娘も仕上がったし、横山さんのオレンジテーマもよかった。ほんとに美人かどうかこちらから確かめよう(^^*)

IMG_7684

IMG_7688

今日は創造性豊かな作品ばかり。凄かったよ。

個性的なブレスレットがどうして作れるか。それはぼくの拙い指導ではなく、「自由にさせてるから」だと思う。なるべく放っておく。そうすると自分で工夫する。相方と相談し合う。こう作らないとダメと言った途端、創造性は消える。

つまり「こうしなさい、こう生きなさい」と言ったら、もうそこで終わりなのだ。

被災地支援には自由があるだろうか。ここに住みなさい、働きなさい、パチンコ屋でぶらぶらはやめなさない。それももちろん必要だけれど、ちょっと考えてみよう。

それは「こう生きなさい」と押してつけているのかもしれない。支援という名で不自由をさせているのかもしれない。こうしなさいと強制されて、人は幸せだろうか?身体は生きのびても、心は生きることができるだろうか?

被災地という厳しい環境だからこそ、泣く自由、怒る自由、叫ぶ自由、ケンカする自由、そして支えあう自由、笑う自由がほしい。そこから生きる自由が生まれるんじゃないか。

ぐるっとを自由に創る。それは自由に生きることにつながる。なんていうと大げさだけどさ。来月は11月11日に開催予定です。どうぞ来てください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中