グループがうまくゆくとき

グループとは個性の集まりである。それは理解し合う集合体になるとき、最大の力を発揮する。

FullSizeRender(55)

今夜のASEAN留学生就活支援講座、テーマは「グループを知る」。

グループ討議はなかなか上手くゆかない。個性が違う、価値観が違う、理解し合ってない…いろんな理由がある。それは学生のチームだけの問題ではない。むしろ社会人のチーム、つまり会社の「課」や「チーム」で討議がまとまらないことが多い。チームワークがなくて目標未達成。売上はあっても心はバラバラもよくある。

何が悪いのか。どうしたら上手くゆくのか。今回は「メンバー」に焦点をあてた。説明資料の中で一番ウケたのがこれだ。

スクリーンショット 2015-09-24 22.10.49
自分のチームを分析してみよう」これは今日の演習のテーマでもある。例に出したのは紙の手づくりをテーマにワークショップやオンライン販売をする『かみのみか』チーム。中村さんは「力持ち」山田さんは「働き者」村山さんは「リーダー」、そしてぼくは「猫」。これになぞらえて各チームを自己分析してもらった。

IMG_7406
各チームメンバーはどんな人の集まりで、どんな感じで動いているか。この演習ではメンバーを知るのが狙い。知ることで討議がまとまりやすくなるはずだから。

IMG_7408
個人別には「どんなメンバーになりたいか」発表してもらった。期せずして山田さんと中村さんに人気が集まった。「やると決まったらやる」「思ったことを言える人」

IMG_7409

どうしたものか「村山さんになりたい」という人が少なかった。ベトナム人は奥ゆかしいからかなあ、と思ったら違った。実は個人主義の国、ほんとうは我が道を行く人が多い。日本の集団主義社会のリーダー像がイマイチわからないんだろう。

だからなのか、みんなの発表を聞いてゆくと、リーダーはひとつの顔を持っていないことが鮮明になった。「スピードを出して走る人」「メンバーの話しを聞く人」「まとめられる人」そう、リーダーというのは年齢や役割で変わる。メンバーもまた同じだ。自分を知り、自分の役割を理解できればグループはうまくゆく。

FullSizeRender(56)
残念なことに「猫」になりたい人は一匹も、いやひとりもいなかった(^^;;さみしいぜ。ここでも嫌われたか、生き直したい…いまさらだニャン。

広告

グループがうまくゆくとき」への4件のフィードバック

  1. 郷 先生
    本日、お疲れ様でした。
    先生は変な発想力をお持ちですか?(笑)そんなことありませんよ、僕も変な発想ばかりですよ。
    ところで、私は郷先生に憧れていますよ、先生はなんでも詳しいですので、すごいなと思いました。
    もし、生まれ変わるとしたら先進国で生まれるのがありがたいです。

    1. こんばんは〜ありがとうございます。
      12 angry men を知っておる方が驚くわ(笑)しかし君がベトナムを先進国にするんだよ。すごいスピードで(*^^*) できると思います。がんばろ〜♪

      1. ご返事ありがとうございます
        12angrymenを知るのは学校で組織行動論という授業に先生が取り上げたので、大変勉強になりました。
        僕はリーダーになりたいが、自分には自信を持っていないので、未経験というか色々なことを深く考えない人間ですよね
        ちなみに僕をみて先生の取り上げた4人の人物の中に誰に当てまりますか?誰に近いっすか?正直に言っていただけると幸いです。
        ご返事お待ちしております(^_^)v

    2. あれ?このコメントに返信したつもりだった。iPhoneからだったので、しくじったかもしれません。すみませんでした。こんなこと書いた。

      「君ならベトナムを先進国にすることができる」

      がんばってね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中