ぐるっとクリエイティブ

「新しいぐるっとを創るぜ」と以前にタンカを切った。All New Gruttoとまではいかないけれど、秋だから飾りをキメてみた。

IMG_6946

秋には毛糸が良く似合う。冬にはもっと良く似合う。毛糸をぐるぐるして作る「ぐるっとブレスレット」の季節がやってきた。今週の9月11日(金曜日)はぐるっとの日である。先月、おばあちゃん参加者に「あたしは毛糸をこんなマキマキして作っているの」と工夫したぐるっとを見せつけられて、

こっちだってダテにぐるっと3年以上もやってないわい!

と、「すんごいぐるっとを作るぞ」ってすごんでみた。すんごいかどうか別にして、今回は「飾りの付け方」を披露したい。

FullSizeRender(52)

この一本のぐるっとに飾りのバリエーションを試作してみた。まず小さいチャーム(飾り)をどう付けるか。

IMG_7177

毛糸で台座」して立ち上がらせる技。普通はべたっと付けるが台座を作ることでジュエリーみたいに見える(ほんとか)。

IMG_7178

玉を包んでつけろ」三つ編みにした毛糸3-4本で囲むように作る。ちょっとむつかしい。編まないでやっても、もっこりして楽しい。

IMG_7179

普通のぐるっとは、一本の毛糸をつかんで他の毛糸を芯にするが、二本つかんで芯を見えるようにぐるぐる。途中に小さなビーズをかませるとキラキラする。

IMG_7180

その派生技で、二本でぐるっとも綺麗である。三本でやってもよし。

IMG_7181

大きな飾りを付ける時には、「本線と支線」に分けて付ける。本戦を三つ編みしてもよし、ぐるぐるしてもよし。その上に見えるのが「チャームの土星の環」である。キラキラぐるっとですね。

IMG_7182

ちょっと縒れているが台座チャームを連ならせても綺麗である。

いかがでしょうか?と言われても「?」かもしれない(笑)でも

指先で糸技を編み出すのは楽しい。単なる糸だ。それを巻いたり結んだり攀じったりして立体化するのは実にクリエイティブなのである。そもそもこの手づくりイベントは【被災地支援】のボランティアである。

弱き人をどう助けることができるかーボランティアとは人を思いやる想像力が試される。それをぐるっと考えるのはクリエイティブ。ぐるぐるしながら「どうやって誰かを助けられるか」考えに来ませんか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中