攻める。

土砂降りが続いた南関東地方。数日内に台風も来るそうだが、ガルシア•マルケスの『百年の孤独』の舞台マコンドのように、4年と11ヵ月と2日間、雨が降り続けることはない…

***

所用があって雨の中をずいぶん歩いた。

ズボンの裾はずぶずぶである。ジャケットの腕は濡れて色が変わった。やがて靴も水で鳴るだろう。傘を持つ手が痺れてきた。片方の手にさげる荷物はでっかい。けして重くはないが雨の日の持ち物ではない。つらいぜ。

思えばここ数日、モヤモヤしている。上手くゆかないことが一つ二つ重なった。アップがあればダウンがある。上手く生きられないのは今に始まったことじゃない。そんな自分をなだめてはやってきた。

雨、やんでくれよ。やんでくれったら。

老化が進んだ今のぼくの視力では、雨の夜の暗い夜道はつらい。我が目にはこんなふうに見える。自画自撮の芸術的な一枚。ここまで目は悪くないけれど…(^^;)

IMG_7164

だが想定外に遠くの光がぼんやりと美しい。見えずとも風景は楽しめる。その時、ああ!と思った。

おまえ柄にも無く守りに入ってるぞ。自分らしく、攻めろよ。

こんな土砂降りの雨を楽しめるなら、なんだって楽しめるじゃん。凹んでしまう時は自分から凹んでいるものだ。誰かのせいじゃない。世間のせいでもない。自分から凹むから凹んでしまうのだ。だから風景も凹んでしまうのだ。

攻めよう、結果を恐れずまん中から始めよう。

まん中とは、誰でもない自分のできることだ。まん中とは誰でもない自分とお客さんの欲しいことだ。そこを突いて行く限り、結果は伴わなくても悔いは残らない。まん中でダメだったらダメだよなって思えるから。

どんなにずぶ濡れになっても、芯さえ熱ければ乾くものだ。どんなに風が吹いても飛ばされないものだ。昨日の竜巻では千葉市で屋根は飛んだけれど…(^^;)

FullSizeRender(51)

咲く。きっと咲く。たぶん咲く(^^)ということで攻めに転ずる今夜の誓い。皆さんにも攻め心のおすそ分けを。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中