自分を追い越す性格

この性格はもう治らないのだろうか?

御朱印帳を創りなおす御朱印帳のネーミング」を考えていた。ひとりじゃ思いつかないので、Facebookのメッセンジャーのグループで、「XXXというネーミング、イマイチなんでなにかない?」と書いた。みんなから幾つか案を出してもらった。ところが昨日は体調が悪くて、早々に寝てしまった。肩こりからの疲労だった。

ぐっすり眠れたおかげで今朝は良くなった。それでアサイチでネーミングを考えて、ひとつに決めた。メッセンジャーに投げた。するとcherryさんから詰問された。

「名前、決まっていたんじゃなかったっけ?」
「うーんと、決まりが悪かったんだよね」
「結局決めたのも似たようなもんじゃない」
「違うよ。最初のはXXXで、決めたのはXXX△△△だから」
「自分で騒いで、みんなに意見をもらって、結局最初の案て、そんなのないんじゃない?」

うーん…そういやそうかな…(^^;)どうもすみません。

反省をしていたら、ふと「自分で自分を追い越す性格」という言葉が降りてきた。

どういう性格かといえば「よぉーし、これやらなきゃ!」と思ってどんどん突き進んでゆく。「やるぞ!」「変えるぞ!」とブログやFacebookで宣言をする。あるいは昨日のようにメッセンジャーに流す。だがその翌日「ふぅーっ」とひと息ついて我に返る。「ちょっと待てよ」と考え直す。

つまり「後先を考えず」「思いつきで走って」「振り返ると誰もいない」そして「どーして誰もいないんだろう?」と訝しがる。だが改めてじっくり考えてみて「ああ、そうか!」「自分が走り過ぎたのか」「ごめんごめん」と思う。

ところがほとぼりが冷める頃、また自分を追い越すのだ。すみません…

でも追い越すのは悪いことばかりじゃない。ボールを蹴り出せば景色が変わる。ドリブルすると突破する相手も見えてくる。今日も11月のイベントを色々決められたし、チーフデザイナーも決まった。ワークショップも商品販売も決まった。

cherryさんには「もうちっと考えろ」と注意される我が身だが、きっとぼくは死ぬまで自分で自分を追い越すんだ。よちよち走りで、平らなとこで転んで、骨折して息絶える。わかっている。でもやっぱり走る。この性格を抱えて肩こりにもめげず、ずっと…

IMG_7053
オマケ。11月のワークショップの出し物のひとつの『iPhone和紙ケース』。いろんな和紙でケースをデこる。9月下旬にはすべての出し物を紹介できるよう走ります…^^*

広告

自分を追い越す性格」への2件のフィードバック

  1. 初めまして!こちらのiPhone5のケース、販売されるご予定はありませんか?北海道在住女子からのお願いですm(_ _)m

    1. ご連絡ありがとう〜(^.^)
      ケースは100キンですよ。5でも6でも大丈夫。和紙はオリジナルです。和紙を販売開始したら連絡しましょうか?
      貼り方は画像ないし動画撮影をする予定です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中